肉を酔わせると、旨くなる

おいしい肉料理が食べたいとき、必ずしも高値の良質なブランド銘柄を買えばいいというものでもありません。安売りのお肉だって十分おいしく食べることができます。ただし、それなりの下準備が必要。

ということで、どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!

お肉を泥酔させる
日本酒の魔力

© iStock.com/key05
Licensed material used with permission by

それは、お肉を「日本酒でひと晩浸け込む」という方法。

ちゃんと理由(メリット)があって、お肉の臭みを消すだけでなく、日本酒の風味が加わり、さらにうま味成分グルタミン酸がお肉に加わって、味わいが豊かになるんです。

ステーキ、とんかつ、ビーフシチュー、お肉の味わいを噛みしめたいメニューには、このうま味UPの“日本酒浸け”ぜひ挑戦してみてくださいね。

Top image: © iStock.com/mphillips007
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY

関連する記事

食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
キウイの皮を向いた際、皮に残った果肉をフル活用するオドロキの料理ハックです。
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
「ZARA」は5月12日に、ヨーロッパ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、5月13日に日本、中国でメイクアップコレクション「ZARA BE...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
「肉をおいしく焼くなら極厚の鉄板でしょ!」という強い信念を感じさせる、「Makuake」で販売中の極厚鉄板「厚熱 atsu-atsu(アツアツ)」をご紹介。
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
ラム焼肉専門店「lamb ne(らむね)」が「ゴールドジム」監修のもと、美容、ボディメイク、ダイエットに特化した部位を集めたラム肉セット「6種部位のアスリ...
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
濃い味付けの多いインドネシア料理において、とにかく胃にやさしいバリ島の「ガドガド」について。
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
「ネクストミーツ」と「ユーグレナ」が共同で開発した、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を配合した代替肉「NEXTユーグレナ焼肉EX」が発売。