「全ての人は美しい」と伝え続ける、女性の眼差しに心を打たれる。

ドイツで活躍している25歳のモデル、イルカ・ブリュールさんは、生まれてすぐ気道の病気を患い、10回にわたる手術を繰り返してきました。その影響で、目元や、鼻周りに歪みが生まれてしまったそう。みんなと違う自分の外見にコンプレックスを抱き、長い間人の目を避けて暮らす日々が続いていたのです。

ところがある日、そんな彼女の人生を180度変える出来事が起こりました。

きっかけは、一通の手紙

彼女はずっと、フォトグラファーInes Rehbergerさんの撮る写真が大好きでした。その思いを一通の手紙に乗せて送ってみると、なんと本人から直々に返事が。しかもそこには、「モデルをしてみない?」という、思ってもみなかった誘いの文章が綴られていたのです。

「ほんとうに、始まりはちょっとしたアクシデントみたいなものだった」と、彼女は当時のことを語っています。この手紙から、全てが始まったのです。

全てをさらけ出したとき、
「違い」が「個性」だと初めて思えた。

「カメラの前に立つことで、どんな欠点もその人の一部で、全てひっくるめて自分なのだと気付かされた。その中で、最大限に表現する努力が求められている」

仕事として自己表現を求められることで、人目を気にして目立たないようにしてきた、彼女の考え方は一変しました。Instagramに幼少期の頃の自分の姿をアップし、生まれた時から抱えていた病気について告白したのです。その投稿が反響を呼び、直接心に語りかけてくるような強い眼差しは、多くの人から注目されるようになっていきました。

「人は誰でも、その人らしい美しさを持っている」

モデル活動を通して、どんなメッセージを届けたいのかと彼女にインタビューしてみると、こんなふうに想いを語ってくれました。

「ありのままを受け入れることができない限り、きっと自分自身を責めてしまうし、心無い言葉に怯える状況からも逃れられないかもしれない。

たとえ伝統的であってもなくても、大きくても小さくても、パワフルでも細くても、肌が白くても黒くても、見た目が人と違うからといって、劣等感を感じる必要はないわ。

全ての人は、美しさを持って生まれてきているのだから」。

Licensed material used with permission by Ilka Brühl,
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
2017年4月22日、Instagramに1枚の写真が投稿された。
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
女性のありのままの美しさを引き出すことを得意とするフォトグラファー・花盛友里さん。そんな彼女の最新作となる写真集『寝起き女子 girls in the m...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
NY出身のIrene Yeeさんは、クライミングのプレイヤーでもあり、写真家としても活躍しています。彼女の作品はどれも、たくましくて強い眼差しの女性たちば...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタ...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコイイシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カ...
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...