「露出していること」で侮辱された、女性クライマーの戦いの記録

NY出身のIrene Yeeさんは、クライミングのプレイヤーでもあり、写真家としても活躍しています。彼女の作品はどれも、たくましくて強い眼差しの女性たちばかり。

それは過去に浴びせられた、心無い言葉が関係していたのです。

「あなたの写真が注目されるのは、あなたが下着みたいな格好でいるからでしょ?何をしていても、若い子がそんな格好をしてたら目がいくわよ」。

その言葉は、彼女の情熱を侮辱するものでした。

最も不愉快だったのは、そんなコメントを向けてくるのが男性ではなく、同じ女性だったということだと語ります。

服装や年齢、肌の露出によって努力を認めてもらえないなら、自分のあり方を変えることだって出来たはず。けれど何も反論せず、しばらくの間黙ってじっと考えていたそうです。

クライミングと出会う前にも、彼女は肌の色や目の大きさに、コンプレックスを抱き続けてきました。ここで言うことを聞いたとしても、また同じ苦しみを味わうことになると思ったのでしょう。

彼女が選んだのは、まぎれもない「真っ向勝負」でした。

信念を持って挑んでいることを、
恥ずかしいなんて絶対に思わない。

悩んだ末に彼女は、スポーツブラジャーでクライミングする写真を、SNSに投稿することにしました。

「今までしてきた努力は、本当に服装ひとつで無下にされることですか?」と、投稿することで問い続けたのです。たとえそれが、一部には性的な目で見られることになったとしても。

Photo by @ladylockoff
Photo by @ladylockoff
Photo by @ladylockoff

女性が直面する環境は、時々思った以上に困難です。不本意に外見や、結婚、出産などの有無で判断されてしまったり、批判されてしまうことは、なにも珍しい話ではありません。

だからこそ「愛しているものに素直であることは、決して恥ずかしいことではないのだ」と伝えるために、彼女は好きなものを好きな時に着る。そして、同じように情熱を持ってクライミングをする女性を、撮り続けるのでしょう。

Licensed material used with permission by Irene Yee
andmore
他の記事を見る
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
20代って、若さに溢れてキラキラしてるイメージがあるけど、悩み多き世代でもありますよね。いっぱい冒険もするけど痛い目をみたり、怖いものなしに見えていろいろ...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
フォトグラファーのAnna Pawletaが撮影するのは、出産直前から小さな命が誕生する感動の瞬間。今の自分が、幸せに暮らしていられるのは、お母さんが分娩...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
要注意!甘い香りが写真の奥から匂い立ってきますよ。マフィン、フィナンシェ、カップケーキ、ドーナツ、パイに、アイスクリーム。お菓子好き、さらにはつくるのも好...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
アメリカ・アリゾナ州フェニックスで刊行している日刊紙「The Arizona Republic」のオンライン版によれば、彼女は10ヵ月にも渡り、ひとりの男...
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
20代前半。今を生きる私たちの“仕事”は、少し特殊なのかもしれない。
25歳になったばかりの女性ライターKylie McConville氏がまとめたのは、「20代のうちに経験しておくべき失敗」について。人は辛い経験があるから...
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
ある写真がネットを通じて世界中に拡散された。以前は「自分に自信がなくて、心から愛せる人と出会えるとは思えなかった」というStephanieさん。そんな彼女...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...