あなたは「サウダージ」というポルトガル語の意味を知っていますか?

うまく言葉にできない気持ちってありますよね。一生懸命頭の中で考えるけど、うまく表現できない…。でも、今から紹介する3つの外国語を使えば、説明できるようになってスッキリできるかも。

日本語でいうと「わびさび」や「もったいない」などがそれにあたりますが、今回はそれの外国語版です。

甘苦くて憂鬱な気持ち
SAUDADEサウダージ)」

Image by The School of Life

あなたは、以前住んでいた街を歩いているとします。そこで、昔付き合っていた彼女の家の前を通りかかり、ベッドルームだった部屋の窓を見上げました。外から見ても特に変化はありませんが、今は別の人の部屋になっているし、彼女はすでに結婚して他の街で暮らしています。

Image by The School of Life

そこであなたは、過去を懐かしみます。特に、当時の関係性、周囲が2人をどう見ていたか、説明するのは難しいけれど、困惑した気持ちでいることは確かです。

Image by The School of Life

ちょうどその時、友人から電話が。「元気?」と聞かれますが、複雑な心境で、自分の気持ちをどう説明していいかわかりません。結局すぐに話題を変えてしまいました。

Image by The School of Life

しかし、もしあなたがポルトガル語を知っていれば、話は別でした。その気持ちを説明する理想的な言葉があるからです。それが「SAUDADE(サウダージ)」今はないものに対し、甘苦くて懐かしく感じているけれど憂鬱な気持ち、という意味です。

昔の恋愛や友情、もう今はない子ども時代の家など…。痛みと喪失と喜びが渦巻く気持ちなのです。

Image by The School of Life

明るい兆しが見えない暗い気分
「Hüzün(フズン)」

Image by The School of Life

たとえば、収賄などで腐敗した政治家のせいで、希望が見えない国内の政治。雲行きが怪しく希望が見えなくて、ただただ衰退するのみ。そんな時に感じる憂鬱な気持ちを表現するのに使えるのが、トルコ語の「Hüzün(フズン)」

ただ悲しいというだけではなく、この言葉を使えばより深みがある表現ができそう。

大好きな人ができて有頂天
「forelsket(フォレルスケット)」

Image by The School of Life

Image by The School of Life

付き合い始めたばかりの相手がいるとします。彼/彼女はあなたにとって、迷いなく関係を続けられると信じることができるくらい完璧な相手。嬉しいのと同時に、出会えたことが信じられないという気持ち。このときの思いは、ノルウェー語の「forelsket(フォレルスケット)」で表現してみてください。

また、恋のトキメキという表現としても使われることもあり、映画など何かがすごく楽しかった時、比喩的に使うこともあるそうです。

Licensed material used with permission by The School of Life
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
世界には、愛を現す言葉がたくさんあります。ここでは、イヌイット語からアラビア語まで、各地域で使われている恋愛にまつわる独特の言葉をご紹介。他の言語ではなか...
新社会人になり研修や会議に出ると、「ん?今、なんて言った?」というような言葉が次々出てきたり。そこで今回は、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を集めて...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
言葉は変わるものである。しかし、あまりにも安易に、あまりにも速く、あまりにも間違った方向に変わるのを、のんきに眺めているわけにはいかない。それでは、巷にあ...
中部アフリカの国、カメルーン共和国。日本人にとってのイメージはコーヒー豆の産地くらいかもしれません。ましてや国名の由来を知っている人なんて、そうはいないは...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
右から左に書く形式、文法が難解、そもそも辞書を引けるようになるまで1年以上かかる...などなど、習得が大変という話題に事欠かない「アラビア語」。そんな、知...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
どれだけ日本語が達者な外国人でも、話しをすると独特のイントネーションがあることに気づく。いわゆる“お国なまり”は、発音のクセや抑揚に現れてくるものだ。まさ...
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...