台湾で英語が公用語になる日も近い!?

台湾で英語が公用語化される日も近いかもしれません。

この件については、昨年の10月から教育部(教育省)で議論されていており、実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が報じています。

「Taipei Times」によると、台湾の頼清徳行政院長は、「Economic Daily News」のインタビューで以下のようにコメントしたそうです。

「人々が英語と中国語を公用語として話し、台湾が“バイリンガル”になれるよう、来年には政策目標を決める予定です」

──『Lai to se goals to make English official Language』Taipei Timesより引用

台湾では、中国語、台湾語、客家語などが話されていますが、英語を公用語とすることで国際社会での存在感を強くしたいとのことです。

企業単位での取り組みは日本でもあるし、珍しくない話ですが、国単位はスケールが違います。国際競争力がどうとかいうマクロ経済の話はさておき、台湾で英語が通じるようになると、観光地としての注目度はアップしそうです。

Top image: © TABI LABO
andmore
他の記事を見る
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...
8月16日に台湾のニトリがまるちゃんと花輪くんが登場する動画を公開していました。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
まだ辞書や参考書にも載っていない“今使われている英語”を知りたいなら、チェックをしておいて損はありません。マサチューセッツ州にあるLowell High ...
やっぱり年齢を感じさせないファッションスタイルが特徴的ですね。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。