台湾で英語が公用語になる日も近い!?

台湾で英語が公用語化される日も近いかもしれません。

この件については、昨年の10月から教育部(教育省)で議論されていており、実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が報じています。

「Taipei Times」によると、台湾の頼清徳行政院長は、「Economic Daily News」のインタビューで以下のようにコメントしたそうです。

「人々が英語と中国語を公用語として話し、台湾が“バイリンガル”になれるよう、来年には政策目標を決める予定です」

──『Lai to se goals to make English official Language』Taipei Timesより引用

台湾では、中国語、台湾語、客家語などが話されていますが、英語を公用語とすることで国際社会での存在感を強くしたいとのことです。

企業単位での取り組みは日本でもあるし、珍しくない話ですが、国単位はスケールが違います。国際競争力がどうとかいうマクロ経済の話はさておき、台湾で英語が通じるようになると、観光地としての注目度はアップしそうです。

Top image: © TABI LABO

60秒以内で読める記事だけ。
最新の海外事情なら「World Topics」!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
8月16日に台湾のニトリがまるちゃんと花輪くんが登場する動画を公開していました。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
英語の上達方法の1つに「お酒を飲んで話す」というものがあります。それが、先日、発表されたイギリスとドイツの大学が共同で行った研究によって、効果が証明されました。
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。