外国語学習のコツはフライトと同じ!意識するべき4つのステージとは?

外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。

英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「離陸」「乱気流」「高度上昇」「クルージング」に例えた学習のコツをまとめ、ステージによって異なる学びのポイントを紹介。以下、そのノウハウをチェックしてみて!

ステージ01.
「離陸」
発音と語彙を身につけよう。

離陸をする際に「スピード」が必要なのと同じく、語学学習という長いフライトを乗り切るためには正しい加速が必要です。そこで大切なのが、「発音」と「言葉の選択」の2つ。

発音を先に学ぶ理由は3つあります。

・発音が良いほうが言いたいことが伝わりやすいから。

・リスニングスキルの向上に繋がるから。

・学習の後半で修正するのは困難。早いうちに習慣づけるべし!

次は、「言葉の選択」。いくつか重要な言い回しだけ知っておけば、地図を指差しながらでも外国を歩くことはカンタンになります。例えば下記。

・「Yes/No(はい・いいえ)」
・「I want(〜したい)」
・「I need(〜が必要)」
・「I can(〜できます)」
・「To find(〜を探す)」
・「To speak(〜と・を、話す)」
・「This(これ)」
・「Please(お願いします)」

あとは、実践的な言葉を丁寧に選び、正しく練習することが重要です。

ステージ02.
「乱気流」
覚えた言葉をとにかく使おう。
単調でもOK!

まだ雲の下にいますよ。シートベルトも外せません。外国語を話す時もカタコトで、ストレスを感じる人も多いはず。しかし、思いつく限り言葉をどんどん積極的に使うことが大切。

自己紹介や実践的な質問のやりとりで、基本的な会話を学びましょう。ここでのゴールは、特定のトピックにフォーカスすることではなく、一般的な会話やフレーズのつながりを学ぶことです。「よく使う言葉」を覚えて、積極的に使ってみましょう。

ステージ03.
「高度上昇」
文法学習と深堀りが、
段々効いてくる。

シートベルト着用サインがオフになり、席を立てるようになりました。覚えた外国語にも深みが増し、母語を使わずともコミュニケーションできるでしょう。

さて、このステージでの目標は「文法」へのフォーカス。参考書の購入をお勧めします。語彙が足りない状態で文法を学んでも理解が及ばないため、くれぐれもステージ01と02で紹介した「話すこと」は、スキップしないよう要注意。

興味・関心を深堀ってみましょう。音楽、スポーツ、アート、旅行、サーフィンなど、興味のあるジャンルで友人を探し、コミュニケーションをとってみてください。

ステージ04.
「クルージング」
読書に挑戦!

順調にここまできたあなたなら、これまで苦行のように感じていたかもしれない読書だって効果的に。飛行機に例えると「クルージング」している状態なので、リラックスして空の旅を楽しめます。

読書で得られるボキャブラリーの数は、会話の比ではありません。小説でもノンフィクションでも、知らなかった単語はメモをとり、次の会話で積極的に使ってみましょう。

イキナリ「文法」や「読書」に挑戦するのは、助走もせずに飛ぼうとしているのと同じこと。ぜひ自分の今のレベルを見極めて、語学学習という「フライト」を楽しんでみてくださいね。

Licensed material used with permission by FLUENT IN 3 MONTHS
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
英語の上達方法の1つに「お酒を飲んで話す」というものがあります。それが、先日、発表されたイギリスとドイツの大学が共同で行った研究によって、効果が証明されました。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
この4種類をデスクに常備しています。
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
社会人になって数年。英語を学ぼうとするたびに、必ずネックになっていたことが2つある。1つ目は、定期的にレッスンや勉強の時間がとれないこと。2つ目は、実生活...
うまく言葉にできない気持ちってありますよね。一生懸命頭の中で考えるけど、うまく表現できない…。でも、今から紹介する3つの外国語を使えば、説明できるようにな...
どれだけ日本語が達者な外国人でも、話しをすると独特のイントネーションがあることに気づく。いわゆる“お国なまり”は、発音のクセや抑揚に現れてくるものだ。まさ...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
「英語を使う」趣味を作ると、好きなことをやりながら英語を学べます。そうすれば、英語を嫌いにならずに続けられるし、そこで学んだことを外国人とのコミュニケーシ...
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
英語の勉強を始めたけれど、途中で挫折してしまった。こんな経験を持つ人は多いでしょう。どうして英語の勉強を続けられないのでしょうか。英語をやめてしまう理由は...
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
右から左に書く形式、文法が難解、そもそも辞書を引けるようになるまで1年以上かかる...などなど、習得が大変という話題に事欠かない「アラビア語」。そんな、知...
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
もしも見ず知らずの外国人から、いきなりプロポーズされたら…。もちろん、これはドッキリ。仕掛け人のCordero Romeoさんは、日本語がしゃべれません。...