なんだかよく分からなかった「アラビア語」が、グッと身近になるイラスト

右から左に書く形式、文法が難解、そもそも辞書を引けるようになるまで1年以上かかる...などなど、習得が大変という話題に事欠かない「アラビア語」。

そんな、知らない人にとっては「絵」にしか見えないようなアラビア文字を、本当に絵にしてしまったのは、グラフィックデザイナーのマフムードさん。アラビア文字の意味を、そのままイラストにしたのです。下の部分の左側に英語、右側にアラビア語が書かれているので、見比べてみましょう。

01.
ネコ(Qitt)

ピンとたった尻尾、丸い背中、そして振り向く顔。文字もだんだんネコに見えてきます。

02.
キツネ(Thaealab)

横に長い単語が、躍動感あるキツネの姿に。文字にも絵にも、長い尻尾があるのが特徴。

03.
クジラ(Hout)

ゆったりとした姿のクジラを見た後だと、文字にもヒレがあるように見えてきますね。

04.
コアラ(Koala)

こちらは可愛らしいコアラ。左側の縦棒の連なりを木に見立てたところがナイスアイデア。

05.
イヌ(Kalb)

顔の形はイヌそのもの!飛び出た耳と突き出した鼻がチャームポイント。

06.
キリン(Zarafa)

優美な文字の印象をそのままに、すらりとしたキリンのシルエット。

07.
カモ(Batt)

文字の円弧を描いている部分を畳んだ羽根に見せて、鳥らしさを。

08.
ネズミ(Fa'ar)

小さい体に長い尻尾、大きな耳の姿はネズミそのもの!

09.
ウサギ(Arnab)

右端の長い縦棒を、ウサギの耳に見立てて表現。後ろのグレーはジャンプの軌跡?

10.
サル(Qerrd)

バナナを持っているところがキュートなサル。文字を反時計回りに90度回転させて見てください。

11.
サメ(Qearsh)

すいすいと流れるような書きぶりが、海を素早く泳ぐサメの俊敏さとマッチ。

12.
チーター(Fahd)

チーターのしなやかなシルエットと、アラビア文字独特の流線型は相性ぴったり。

13.
ワシ(Nesr)

下への凸が連なる部分を、ワシらしい大きな翼に大胆アレンジ。

14.
サイ(Khuratiat)

長いどっしりした体に、大きなツノ。

15.
ウマ(Hisan)

文字の左端にあるくるりと丸まった部分が、文字通りのポニーテールとシンクロ。

こうやって見てみると、よく分からなかったアラビア語も、なんだか身近に思えてきませんか?

Licensed material used with permission by MT designs (Facebook), Behance
他の記事を見る
世界には、愛を現す言葉がたくさんあります。ここでは、イヌイット語からアラビア語まで、各地域で使われている恋愛にまつわる独特の言葉をご紹介。他の言語ではなか...
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
新社会人になり研修や会議に出ると、「ん?今、なんて言った?」というような言葉が次々出てきたり。そこで今回は、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を集めて...
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...