航空機の座席に直接結合できる「車椅子」

「Row 1-Airport wheelchair system」は航空機のシートに直接結合できる「車椅子」。

後輪を内側に折りたたむことができ、車椅子ごと航空機の1列目の座席に入れ込むことが可能だ。出発する空港から目的地の空港まで、同じ車椅子に乗ったまま移動することができるので、とくに長時間のフライトで本領を発揮する。

この画期的な車椅子をデザインしたCiara Crawford氏は「European Product Design Award」で2019年の「Emerging Product Designer of the Year」に選ばれている。

車椅子ユーザーの旅行のハードルを下げるこの素晴らしいデザインと発想が、今後、世界中に広がることを祈りたい。

©Designer-Ciara Crawford / University of Limerick Winner, Emerging Product Designer of the Year, 2019 European Product Design Awards
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
イギリス・ポーティスヘッドのブライダルショップに飾られた、車椅子の花嫁用のウェディングドレス。これを撮影したBeth Wilsonさんが写真付きでTwit...
1974に発売されてから、さまざまなアップグレードがなされ、今もなお世界各地でプレイされ続けている元祖テーブルトークRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に、...
米・航空機大手「ボーイング」が、バイオ燃料だけで飛行する商用機の納入を2020年代末までに開始する方針を発表。航空業界を代表する大手企業による意欲的なコミ...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
いったいどこに座るのが正解なのか?座席指定がどんどん有料化されていく昨今。それくらい狙える場所を知っておくだけで、フライトの天国と地獄が分かれます。
車椅子の人にとって、砂利道やでこぼこした山道などは身体に伝わる振動が大きく負担になります。日常生活を送るにも、ちょっとした段差や整備されていない道などを移...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。