「車椅子マーク」の本当の意味、知っていますか?

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

白抜きの車椅子に座る人がデザインされている「車椅子マーク」を知っていますか?。このマークは世界共通で「障がいのあるかたが利用できる建物、施設であることを示すためのシンボルマーク」です。実は妊産婦も、このマークによる保護・優先の対象になるそうです。 

この「車椅子マーク」について、医師に詳しい話を聞いてみました。

「車椅子マーク」の対象者は?

151118_dostors-me-kurumaisu-mark_01

このマークのついた設備が使えるのは、車椅子を利用している人だと思っている人も多いかもしれません。しかし実はそうではなく、例えばペースメーカーが入っていたり、腎臓に病気があって透析治療を受けていたりする人も、このマークによる保護の対象となる場合が多くあります。さらにあまり知られてはいないようですが、妊産婦もこのマークによる保護、優先の対象になるんです。 

正式には妊娠7ヶ月~産後3ヶ月と規定されているようです。確かに、妊娠7ヶ月といえばお腹もかなり大きくなってくる時期ですし、生まれたばかりの小さな赤ちゃんがいる場合は、少しでも楽なスペースに駐車できれば助かりますね。

見かけではわからない
妊産婦の不調

151118_dostors-me-kurumaisu-mark_02

ただ、車椅子マークは「身体障がいのあるかた」というイメージが非常に強いために、妊婦さんや子どもを連れたお母さんがそのスペースに駐車したところ、批判するような意見が出たというニュースもあったようです。

もちろん、妊娠自体は病気ではありませんし、中には妊娠しても体調に問題がない場合もあります。でも、体質や妊娠の状態によっては、重いつわりやむくみなどで、妊娠の初期からずっと特別な配慮が必要なお母さんもいます。産後もホルモンバランスの劇的な変化で体調を崩したり、慣れない赤ちゃんの世話で疲労が著しかったりと、周囲からのサポートが必要なケースも多く見かけます。 

そんなかたたちのためにも、妊産婦も車椅子マークによる保護・優先の対象であることが世間に広く知られることを願うばかりです。

■医師からのアドバイス
車椅子マークを正しく理解するのはもちろんのこと、見た目には健康に見えても、本当は身体的・精神的に重い負担を抱えている人がいることを意識し、思いやりをもって生活していきたいですね。

 監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

車椅子の人にとって、砂利道やでこぼこした山道などは身体に伝わる振動が大きく負担になります。日常生活を送るにも、ちょっとした段差や整備されていない道などを移...
漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
車椅子などの理由で振袖や袴を着られない人々のため、特殊な簡易着物を提供している「明日櫻」。パラリンピックカヌー選手である瀬立モニカさんも、成人式でこちらの...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
このストーリーの登場人物は、車椅子の男性と自転車で移動する女性。ふたりは向かいの家に住んでいるのに、出かける時もすれ違い、まるで「別の世界」に住んでいるか...
内部障害や難病を抱えている人や、義足や人工関節を使用する人たち、あるいは妊娠初期の女性。配慮やサポートが必要なことがあっても、見た目には分かりにくい。そん...
妊娠しているとお腹が大きくて生活に不自由したりと大変なことがたくさん。自分の妊婦体験をインスタグラムでクレイティブに表現しているのはMaya Vorder...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
車椅子で生活をするKamden君と、彼を特別扱いせず接するPaul君。2人は大親友。Kamden君が自分の車椅子を不便そうに扱っているのを見たPaul君は...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
夢マニアなら、「夢での出来事とは現実で起こりえることの予測ではない」なんて常識。「Elite Daily」のライターAnnakeara Stinsonさん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
水の都・ヴェネツィア観光といえば、美しい運河を渡る「ゴンドラ」が欠かせません。歴史ある美しい風景を眺めながら大水路を移動する体験は、他の街ではなかなか味わ...
山や川、砂漠をも越えて500マイル(約800km)のトレッキング…と聞いたらそれだけでも大変そうですが、もしもそれを車椅子で達成するとしたら?米・アイダホ...
考えてみれば当然のことですが、ふつう妊婦さんはうつぶせになれませんよね。臨月までお腹はどんどん大きくなっていくので、寝るときは横になっても仰向けになっても...