両足のないネコが、車椅子で歩けるようになった瞬間(動画あり)

頑張って生きたい。キャシディーがそう願ったから、みんなで助けることにしたんだ

生まれて間もなく、事故で後ろ足を両方とも失うこととなった野良猫のキャシディー。足が不自由なまま、森の中で9週間も生き抜いていたところを発見されました。

安楽死も考えた…
でも、「生きたい」をいう意思を
キャシディーから感じた

th_スクリーンショット 2015-10-12 10.52.48捨て猫の里親探しを手伝う、カナダのNPO団体「TinyKittens」。彼らが生後9週間のキャシディーを見つけた時は、大腸菌に感染していて瀕死の状態でした。

「生まれてからの9週間を生き抜いたのは本当に奇跡。最初は安楽死させることも考えたけど、生きたいという強い思いを感じた」と、TinyKittens代表のShelly Roche氏は言います。

マウンテンビュー動物病院で治療を行い、奇跡的に完治することとなったキャシディー。
さらに、後ろ足がなく歩けない彼を助けるために「ハンディキャップ・ペット・カナダ」が車椅子を製作しました。

車椅子で元気に歩く姿が
多くの感動を呼んだ

車椅子を使いながら自分の足で動けるようになったその姿はFacebookに投稿され、大きな話題となりました。

Bipawd #MiracleKitten Cassidy takes his first steps in his new wheelchair -- totally unassisted. Just amazing. <3This tiny feral kitten lost both back legs when he was born, and somehow managed to survive for nine weeks in the forest. It is a medical miracle that he survived even a day with such severe injuries, let alone nine weeks. His little body had just about given out from starvation and infection by the time we rescued him, but he never gave up! Thanks to the team at Mountain View Veterinary Hospital for giving Cassidy the chance he fought so hard for, and to Andrew at HandicappedPetsCanada.com for making the tiniest wheelchair he's ever made just so Cassidy wouldn't have to wait to feel the wind in his glorious floof.And our heartfelt thanks to those who have donated for Cassidy's medical expenses, sent supplies, made stump covers, shared posts and offered encouragement.... each of you has played a role in this tiny miracle! Watch Cassidy on our livestream, 24/7 at http://tinykittens.comMore about what we do: http://tinykittens.com/programs

Posted by Tinykittens on Saturday, September 26, 2015

現在、キャシディーの生活はTinyKittensのHPでライブ中継されています。元気に歩く姿が、多くの人を勇気づけているのです。

「例え捨て猫になったからといって、幸せに生きる権利はある。どんな命にも、等しく価値はあるんだよ」と、Roche氏は述べます。

Licensed material used with permission by TinyKittens

漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
車椅子の人にとって、砂利道やでこぼこした山道などは身体に伝わる振動が大きく負担になります。日常生活を送るにも、ちょっとした段差や整備されていない道などを移...
車椅子などの理由で振袖や袴を着られない人々のため、特殊な簡易着物を提供している「明日櫻」。パラリンピックカヌー選手である瀬立モニカさんも、成人式でこちらの...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
Sabrina Boemが撮影した猫たちのほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。自分の家の...
このストーリーの登場人物は、車椅子の男性と自転車で移動する女性。ふたりは向かいの家に住んでいるのに、出かける時もすれ違い、まるで「別の世界」に住んでいるか...
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
丹後半島の付け根にあり、天女の羽衣伝説でも有名な峰山町。そこにある「金刀比羅神社」には、なんと「狛猫」がいるらしいのです。神社のシンボル的な存在と言えば狛...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
180匹以上のネコと飼い主のポートレイトを撮影するBriAnne Wills。写真にうつるのは、見ているだけでも愛情を感じる女性たちと愛猫の姿。それぞれが...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。愛猫のWillowと共に一生を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所...
夢に猫が出てきたら…少し気をつけた方が良いかもしれません。男性にとっても、女性にとっても、意味のある夢となるでしょう。猫が好きな人にとっては、癒される夢と...
複数種の動物が混ざり合う架空の生き物「キメラ」のようだと話題のサビ猫、ヴィーナス。ただ珍しい模様というだけでなく、オッドアイの片目が青色というところからも...
車椅子で生活をするKamden君と、彼を特別扱いせず接するPaul君。2人は大親友。Kamden君が自分の車椅子を不便そうに扱っているのを見たPaul君は...
去る8月8日は、動物愛護団体・国際動物福祉基金が定めた「World Cat Day」、つまり世界猫の日。それにちなんで、Facebook社がネコ派とイヌ派...
水の都・ヴェネツィア観光といえば、美しい運河を渡る「ゴンドラ」が欠かせません。歴史ある美しい風景を眺めながら大水路を移動する体験は、他の街ではなかなか味わ...