真っ暗な飛行機の中
ひとり目覚めた女性の話

驚きのストーリーがカナダから届きました。

6月某日、ケベック・シティーからトロントへ向かう飛行機に乗ったTiffani Louise O’Brienさん。

フライト中に眠りについた彼女。目覚めたとき、飛行機はすでに着陸した後でした。で、問題はここから。

なんと、機内には誰もおらず真っ暗闇だったということです。エンジンも落とされていたそう。しかも、乗降扉には鍵が掛けられていて、完全に閉じ込められた状態。これ、想像するだけでも恐怖ですよね。

焦ったTiffaniさんは友人に連絡。しかし、不運なことにスマホのバッテリーは切れてしまいます。コックピットから機外へ連絡を試みるも電源が落ちていたためどこにも繋がらず。

結局、巡回していたグランドスタッフに発見され、救出されたとのことですが、彼女がなぜ取り残される状況にいたったのかは未だ不明だということです。

客室乗務員の確認不足ともいえそうですが……。こんなことは絶対自分の身に起きて欲しくはないと願うばかりです。

Reference: CTV News
Top image: © 2019 TABI LABO
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
大画面を映し出してくれる「Cinego」は、ヘッドセットタイプのデバイス。ディスプレイが現れるのは20m先で、そのサイズは400インチ。これなら、映画館さ...
想像に難くないのですが、彼は酔っ払っていたとのこと。
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
夢に出てくる飛行機には、一体どんなメッセージが隠されているのでしょう。飛行機はチャレンジ精神を表しているのですが、飛んでいる飛行機を見る場合と自分が飛行機...
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
ここで紹介するのは、2015年3月20日に撮影された皆既日食の動画。普段と違うのは、飛行機の中から撮影されたというところ。その珍しい経験を見逃さないため、...
飛行機のセーフティビデオといえば、淡々と安全事項が流れていくイメージがありますよね。飛行機に乗り慣れている人は、あの単調な映像に飽きてしまって、見るのが億...