人生で初めて飛行機に乗り遅れてしまった。きっと「waya」のせいだ

「お前はもう、飛んでいる」。

初雪の朝に「延泊」が決定した。暖かいドミトリールームで、ふかふかの布団に包まれて、目を覚ましたのは午前10時。搭乗予定だった羽田行きの飛行機は、すでに出発している時刻だ。寝坊した無念を決めゼリフで消し去り、ゲストハウス「waya」から真っ白になった札幌の街並みを眺めていた。ちょうど、1年前の出来事である。

時間を忘れてしまう
ゲストハウス

52791a6f900a4d8bc871489fde4d76450f12d57a

大学の長い長い夏休みを終えたばかりの友人に、リピートせずにはいられないゲストハウスがあると聞いて、紅葉の秋も終盤にさしかかった北海道へ飛んだ。向かった先は、札幌市内にある「waya」。ここは、時間を忘れてしまうほどに居心地の良い空間なのだ。

電車を乗り継ぎ、最寄りの菊水駅に到着。交通量の多い大通りから離れ、静かな住宅街を抜けていくと、ブラウン色の建物が見えてきた。

「ここか」。

友人がしきりに話していたみやげ話を思い出しながら、チェックインした。

389bf238fc330a7580d87c991f1b8df5afff869d

清潔感のある室内は、男女混合と女性専用のドミトリーがあり、個室も準備されている。共有スペースのお風呂や洗面台が綺麗なのは、宿泊先で水回りが気になるユーザーにとってはありがたい。そして、受付のフロアは19時からBARへと様変わりし、夜のにぎわいをつくりだす。「気に入った」。紹介してくれた友人にLINEで第一印象を伝え、ウェルカムドリンク1杯無料チケットを持って、談笑する声が聞こえ始めたBARへと足を運んだ。

ここには、国内外から多くの観光客が集まってくる。オープンから3年と、ゲストハウスとしてはまだまだ新しいほうだけれど、落ち着いた雰囲気の老舗旅館のようにゆったりできる場所なのだ。

誰もが「ただいま」と
言える居場所づくり

0c6dd8b224768ed838e155e7c5f819ba1c39f1d6

ここは、「一緒に起業しよう!」の一言から始まった。立ち上げたのは、東京の大学を卒業したばかりの若者3人。築43年の民家を改築して、ゲストハウスをオープンしようと考えた。

713ebc146fd50d86af1908ae6cefc27a5f3ffecc

クラウドファンディングを活用し資金の一部を集め、「すべての人がただいまと言える居場所をつくりたい」というコンセプトに賛同した総勢200名以上の人たちが改築作業を手伝い、2014年の11月にオープン。多くの人を巻き込んで行われた居場所づくりが、wayaにゲストだけでなく地元の人たちも集まるきっかけとなった。そして、訪れる人たちを優しく受け入れてくれる「地元感」が、居心地の良さを生んでいるのだと思う。

B595a72891d2efe942230e15a05379851a8609c62947bfc6bad9ac953d1e14e8bce57e05139210276ae4c27e2e3b06221ee0364d4547d00cacee7d0b767e96175163be818758a987f13759990d91025d97a778930b78cd56d9dd281565697c5261b28e2d

「たまには寝坊することだってあるよ」。スタッフさんに慰められていた僕のもとへ、一通のメールが届いた。羽田便、大雪のため欠航。不幸中の幸い、か。「今夜も、宿泊します!」。飛行機の振り替え便を翌日に予約し、元気よく延泊することを伝えた。

チェックアウトの時、「いつまで続くか分からないけど、また来てね」と、スタッフさんに言われた。その時は、本気か冗談か分からず戸惑ってしまったけれど、今ではおどけて言っていたんだなということがわかる。僕が訪れる半年前、旅することの素晴らしさを、多くの人に伝えたいをコンセプトに、新店舗「Guest House yuyu」を新設している。オープン以来、毎年新しいことに取り組んでいるゲストハウス。ただいまと言える居場所づくりは、地道に広がっている。

A09ebcd351bc02f1dea2504f07c511670ac6df0fC1888cae124a698761efa231c3f96cb5afd01dc8
Licensed material used with permission by 札幌ゲストハウスwaya
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という...