愛媛・八幡浜のゲストハウス「コダテル」は、泊まって学べて仕事もできる

愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。

この場所をどう形容するのがいいんだろう? 宿泊もできるし、コワーキングやコラーニングスペースにもなる。いろいろな人と交流できるという意味では、現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウスでもある。確かに古民家をリノベしていて、コダテ=戸建(こだて)ではあるんですが、とにかくおもしろいことをみんなで企てる場なのだとか。

んん〜と悩んでいたら、公式ホームページに書いてある「会員制のヒミツキチ」という言葉がしっくりきました(笑)。2018年1月20日にオープンしたばかりの八幡浜のヒミツキチ、コダテルはこんなところ!

60981123429171206093580347113472

仕事場ニナル。

コダテルは、コワーキングスペースにもなります。

フリーランスの人も自由に使えるし、仕事の打ち合わせをしてOK。初めはまったく違う仕事をそれぞれ進めていた者同士から、新しいプロジェクトが企てられることもあるかもしれません。

ここから生まれるコラボや、つながりを大事にしたいそうです。

泊マレル。

コダテルは、宿泊もできます。仲間と合宿をしてもいいし、八幡浜観光のベースにしてもいい。リモートワークをしながら、中長期滞在の拠点にする、なんてこともできます。

なかには、移住を検討していて、そのテストケースとして泊まっていくという人もいるそうです。普通のホテルに泊まるのとは少し違う、もっと地域に根ざした「宿泊体験」ができるんですね。

ドミトリータイプなら1泊あたり3000円。個室なら4000円(連泊割引あり)。

学ベル。

学校とも塾とも、少し違う。大人と子供の境界線をあいまいにしているからこそ、学べることがあるはず。

コダテルで学べるのは、生きるために必要なことやワクワクすること、教科書を少しナナメにしたようなことだと思うんです。

みんなで学ぶ、っていうのもいいですよね。

仲間ミツカル。

コダテルはそもそも、いろんな人が集まれる場所。八幡浜に住んでいる人も、旅行で来た人も、大人も子供も、ここに集まれば何か「ワクワク」が始まるような。

企てる人次第で、使い方は何通りにもなるはず。

6588847253094400

運営しているのは、「NPO法人 八幡浜元気プロジェクト」などを立ち上げ、精力的に地域活性に取り組む、濵田規史さん。

みかん農家で育ち、小さい頃から人を楽しませることや、地元を盛り上げることばかり考えていたそう。一度は就職した金融機関を退職し、コダテルをオープンしました。

「コダテルはいろいろな使い方ができるんですが、子供たちや高校生が下校に立ち寄ったり、主婦の方たちが気軽に集まって何かイベントの準備をしていたり、地元の人と旅行者が話せたり、そういう交流が生まれる場にしたいと思っているんです。みんなが考えている『おもしろいこと』を形にできればな、って」

6360036628496384593714690077491258555980882903046614594239856640

利用料金は使用頻度別に設定されていて、フルタイム会員・アフター会員・ホリデー会員・ゲスト、の4つ。

月あたりの利用料は入会金+3000円〜10000円にグレード分けされていますが、一時利用なら1時間300円からでも使えますよ。

コダテル

住所:愛媛県八幡浜市向灘2187
TEL:0894-21-2629
営業時間:10:00〜23:00
定休日:不定(最終入館22:00)
http://codateru.com/

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:八幡浜市
だんだんクセになる、八幡浜
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
国内有数のみかんの産地、愛媛県「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京大田市場の価格相場を決めるプライスリーダー...
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...