愛媛・八幡浜で起きている「柑橘レボリューション」

愛媛県のなかでも、有数のみかんの産地「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京の大田市場の価格相場を決めるプライスリーダーでもあり、日本トップの品質です。

そんな八幡浜市では、メインの「みかん」だけじゃない、柑橘にまつわる気になる話題が続々と聞こえてくるんです。

01.
フルーツ界の高級キャビア
「フィンガーライム」

5443384843960320

10 TEN」で、みかんのブランディング展開なども行なっている梶谷農園で見せてもらったのは、まさに指(フィンガー)サイズのライム。原産はオーストラリアで、一部のフランス料理などでは使われていたそう。

「最近はだいぶメディアに取り上げられるようになりましたが、3年前は、かなりのオーストラリア通かフランス料理通だけが知っている、マニアックなフルーツでした。僕自身は6年くらい前にYouTubeで見てひと目惚れして、これを日本でも作らないけん、と思ったんです。でもそこからは大変でしたよ〜。6年間は試行錯誤の繰り返しで、1円にもならなかったわけですから(笑)。労力とお金をかけて、耐えながら知識を蓄えていました」

4561947227848704

山のキャビア、なんて言われるほど1粒1粒しっかりしているのが特徴で、プチプチの食感はクセになります。香りはライムやレモン、グレープフルーツ、山椒のようにしっかりしていて、魚介類にもお肉にも合いそう。

全23色生産している中でも、主力はグリーンとピンク。イエローやパープルもあるそうです。1本300〜500円でkg単価は3〜5万円になるので、高級フルーツであることに間違いはありません。ザ・リッツ・カールトン東京やJR東日本の四季島、さらにミシュランガイドに載るような東京の料理店で扱っていることが多いんだとか。

個人的に気になったのは、焼き鳥のアクセントに使うというお話。普通のレモンやライムの果汁だとベショっとなるところが、フィンガーライムなら粒が弾けるバースト効果も楽しめるし、盛りつけとしてもおしゃれ。

カクテルやフランス料理で使われることが多かった「フィンガーライム」も、今では和食を含むさまざまな料理で、可能性を広げているそうです。

02.
ハートが浮かぶ
ライムとゆずの「マーマレード」

4618522416119808

鮮やかなグリーンのハートが瓶のなかで揺れているのが見えますか? これは、2月にイギリスで開催された、世界マーマレードアワード2017で金賞を受賞した「Atrium」のマーマレード。

八幡浜産のライムとゆずを使っていて、ハートの正体は薄くスライスしたライムの皮。香りはもちろん、甘みと苦味のバランスがとてもよく、世界30ヶ国から集まったマーマレードファンのハートも掴んだようです。

お湯や紅茶で割ってもよし、パンに塗ってもよし、ホットケーキやヨーグルトにかけてもよし。ドレッシングやチーズと合わせてもいいし、カレーや焼肉のタレの隠し味にする、なんて方法もあります(ライム&ゆずマーマレード 1500円)

現在は八幡浜市にある、アゴラマルシェ内に出店していて、このマーマレード目当てに訪れる人も増えているそうです。

5293364857536512

同時に出品した「アロマコンフィチュールティ」は銅賞を受賞していて、こちらは美食女子向け。美しさも健康も癒しもおいしさも全部ほしい、という欲張りな人でも満足できる、一見ジャムのようで、ただのジャムじゃない逸品。

みかん、レモン、シトラスの3種類からお気に入りを選んでみてください。

そんな八幡浜市のマーマレード愛を受けてか、2019年5月には日本初となる「世界マーマレードアワード&フェスティバル」が八幡浜市で開催決定。マニアにはたまらない、世界中のマーマレードが、柑橘のまち「八幡浜」に一堂に揃う貴重な日になりそうです。

03.
1本1万円の
「みかんジュース」

6529204115996672

—— みかんよりも、みかんの味がする。

そんな究極のみかんジュースがあると聞きやってきたのは、八幡浜の向灘地区にある「濵田農園」。

売れ筋は、水や砂糖を一切使わず、100%の温州みかんとその果肉だけをまるごと絞った「KIWAMI きわみ」1本1296円。

さらに、高級なブランドみかんを使った「プレミアム・紅まどんな」や「プレミアム・甘平」は、なんと1本10800円。その金額だけを聞くと驚くかもしれませんが、使用している生果は、1個が百貨店などで1000円以上で売られている愛媛のオリジナル品種。それを原料として1本あたり約15個前後使われているんです。

そう聞くと、必ずしも「高い!」という感情だけではなく、一度は飲んでみたい、大切な人への贈り物にしたい、という気持ちが湧いてきません?

5217099660132352

農家からすると、天候の影響を受けやすい「みかん」だけで勝負するより、自分で値段や価値を決めることができる加工品で売り上げを立てることは、リスクヘッジにもなるそう。しかも濵田農園のみかんジュースは、これまでに出会ったことないような味。

「はじめて作ったジュースは、飲んでみると今までとはこんなに味が違うのか、と驚きました。私は『これだ!』と思い、国からの指導のもと6次産業化の認定を受け、究極のみかんジュース『きわみ』を商品化しました。飲んだお客さんから『こんなジュースは飲んだことない』などと言ってもらえることに喜びを感じています」

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:八幡浜市
だんだんクセになる、八幡浜
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
太平洋に面した温暖な紀州和歌山県。そこで育てられた柑橘類の果皮から作られた、日本では珍しい合成香料不使用のアロマオイルがあります。製造したのは酒造メーカー...
お皿の上に置かれた、2個のみかん。左は、普通に皮をむき、白いスジが残ったままの状態。コレ、気になる人も多いですよね。でも、“あること”をすれば見事にスジが...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...