愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だった

オレンジジュースではありません、みかんジュースです。

愛媛県八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。

普段コンビニやスーパーで買う紙パックのオレンジジュースに慣れていると、時に本物のみかんジュースはサッパリしすぎているように感じるかもしれません。でもこの味こそが、ホンモノ、と言いたい。

甘ったるいというよりは、自然本来の甘みで、イヤな後味が一切残らないのがいいんです。

最近ではパッケージデザインに凝ったものも多く、目移りしてしまいます。

みかんジュースが
いっぱい

華まどんな(180ml 500円)

八幡浜のコウ果樹園がつくっている「華まどんな」。

「まどんな」は、愛媛県でしか栽培することが認められていないみかんの品種で、それを一つひとつ丁寧に皮までむいて搾っているそうです。

頂みかんジュースプレミアム(180ml 500円)

こちらは、糖度13度の皮むき果汁「頂 ITADAKI(三代目みかん職人)」。

厳選した小玉マルチ栽培みかんだけを使っていて、一つひとつの皮をむいて搾った、プレミアムみかんジュース。

Pure Juice -まどんな-(180ml 500円)

こちらは西宇和産で、森農園がつくっている「Pure Juice -まどんな-」。その名の通り「まどんな」を使っていて、糖度13度超の甘さです。

八幡浜 みかんジュース(180ml 380円)

八幡浜の「真穴(まあな)」という地域のみかんを搾った、数量限定のみかんジュース。

鮮度を保っているので、まるで「みかん」そのものを味わうかのような「みかんジュース」です。プレミアム系よりは、少しお得な値段。

そう。

人生いろいろ、みかんジュースもいろいろ、なのです。

これもみかんジュースかと
思ったら…

これは、ドレッシングでした。

八幡浜産の「いよかん」を使ったノンオイルドレッシングで、高知の宗田節と合わせているそうです。

いよかんドレッシングはアレンジしやすいのが特徴的で、サラダだけじゃなく、魚やお肉、冷製パスタなどにも合いますよ。

おまけにもうひとつ。

八幡浜の「八」が、ヒゲのデザインみたいでかわいいこちらは「松岡養蜂所」の、純粋はちみつ「八」。

みかん、さくら、ねずみもち、日向夏、とち、アカシア、などバリエーションも豊富で、全体に共通しているのは、まろやかな口あたりとスッキリした後味。

 

今回紹介したものはすべて、八幡浜の道の駅内にある「アゴラマルシェ」で発見したもの。これでもまだほんの一部ですし、柑橘類が好きな人にはたまらない街です。

【特集】だんだんクセになる「八幡浜」

関連する記事

国内有数のみかんの産地、愛媛県「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京大田市場の価格相場を決めるプライスリーダー...
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...