愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だった

オレンジジュースではありません、みかんジュースです。

愛媛県八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。

普段コンビニやスーパーで買う紙パックのオレンジジュースに慣れていると、時に本物のみかんジュースはサッパリしすぎているように感じるかもしれません。でもこの味こそが、ホンモノ、と言いたい。

甘ったるいというよりは、自然本来の甘みで、イヤな後味が一切残らないのがいいんです。

最近ではパッケージデザインに凝ったものも多く、目移りしてしまいます。

みかんジュースが
いっぱい

4798866314493952
華まどんな(180ml 500円)

八幡浜のコウ果樹園がつくっている「華まどんな」。

「まどんな」は、愛媛県でしか栽培することが認められていないみかんの品種で、それを一つひとつ丁寧に皮までむいて搾っているそうです。

5652311917461504
頂みかんジュースプレミアム(180ml 500円)

こちらは、糖度13度の皮むき果汁「頂 ITADAKI(三代目みかん職人)」。

厳選した小玉マルチ栽培みかんだけを使っていて、一つひとつの皮をむいて搾った、プレミアムみかんジュース。

6534273620246528
Pure Juice -まどんな-(180ml 500円)

こちらは西宇和産で、森農園がつくっている「Pure Juice -まどんな-」。その名の通り「まどんな」を使っていて、糖度13度超の甘さです。

5630647397777408
八幡浜 みかんジュース(180ml 380円)

八幡浜の「真穴(まあな)」という地域のみかんを搾った、数量限定のみかんジュース。

鮮度を保っているので、まるで「みかん」そのものを味わうかのような「みかんジュース」です。プレミアム系よりは、少しお得な値段。

6664393311911936

そう。

人生いろいろ、みかんジュースもいろいろ、なのです。

これもみかんジュースかと
思ったら…

6475072327909376

これは、ドレッシングでした。

八幡浜産の「いよかん」を使ったノンオイルドレッシングで、高知の宗田節と合わせているそうです。

いよかんドレッシングはアレンジしやすいのが特徴的で、サラダだけじゃなく、魚やお肉、冷製パスタなどにも合いますよ。

6303224143282176

おまけにもうひとつ。

八幡浜の「八」が、ヒゲのデザインみたいでかわいいこちらは「松岡養蜂所」の、純粋はちみつ「八」。

みかん、さくら、ねずみもち、日向夏、とち、アカシア、などバリエーションも豊富で、全体に共通しているのは、まろやかな口あたりとスッキリした後味。

 

今回紹介したものはすべて、八幡浜の道の駅内にある「アゴラマルシェ」で発見したもの。これでもまだほんの一部ですし、柑橘類が好きな人にはたまらない街です。

だんだんクセになる、八幡浜
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
国内有数のみかんの産地、愛媛県「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京大田市場の価格相場を決めるプライスリーダー...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
お皿の上に置かれた、2個のみかん。左は、普通に皮をむき、白いスジが残ったままの状態。コレ、気になる人も多いですよね。でも、“あること”をすれば見事にスジが...
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
缶詰のミカンのようにツルんと薄皮をむく方法を紹介します。食用重曹で煮るだけ。誰でも簡単に本来の甘さを楽しめますよ。
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...