戦後日本の魚事情を支えた、八幡浜の「トロール」ってなんだ?

愛媛県八幡浜市の道の駅「みなっと」のすぐ正面に、網元の台所「海幸丸(かいこうまる)」というお店があります。新鮮な海鮮をつかった食事が楽しめるのはもちろん、隣接する「トロール市」では魚の直売もしています。

はて? トロール?

聞きなれない言葉だったので、日替わりの地魚フライ定食を注文しつつ、オーナーでもある昭和水産の宮本英之介さんに話を聞いてみました。

52775881004810245957084675833856

トロールは
伝統の「底曳(そこびき)漁」

トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。

トロール漁は全国にありますが、2隻で曳くのは下関や長崎、島根の浜田、岩手の宮古などの一部だけ。アジやサバのように中層にいる魚ではなく、海底にいる魚を一気に獲るんだそうです。エソ、タチウオ、イボダイ、イカ、マアジなど、その数200種類以上とも!

トロール漁のシーズンは9月1日から翌4月末。1回の航海の平均は2〜3日で、月に10〜15回ほど八幡浜港に戻って荷揚げをします。

トロール漁で
八幡浜の街が元気に

4791088564928512

「戦後日本は食糧難で、動物性タンパク質を摂る必要があったんです。国策として、魚を中心に食料増産が求められました。八幡浜では、今うちが持っている2隻しかないんですが、昭和20〜30年代当時は54隻もあり、とにかく漁獲量が高かったんです。小さい魚でもカマボコやじゃこ天になり、練りものを中心に水産加工業も栄えたんですよ」

だいぶ縮小されたとは言え、このトロール漁からあがってくる、1000〜1500箱という魚が市場に並ぶことで、仲買や加工業も安定し栄えていたことが想像できますね。きっと、漁師が飲みに行ったり、パチンコを打ったり、スナックに顔を出すことも、街の経済の循環に影響していたはず。

海幸丸は
トロール船の名前でもある

5005548630048768

そんな話を聞きながら待っていると、やってきました「網元の地魚フライ」。この日はタイかモンダイで選べましたが、水揚げによって魚種は変わるそうです。すべて天然物!

メニューも豊富で、ぶっかけ漁師めしスタイルや煮魚、さらに店内の鮮魚から選んで調理してもらえるセット(お刺身調理は無料)もありました。1日10個限定の「トロールバーガー」なるものも気になるところ。

ちなみに「海幸丸」というお店の名前は、昭和水産が今でも稼働させている八幡浜唯一のトロール船「第15・16海幸丸」と同じ名前です。この伝統漁を色褪せないようにと、2019年には新船建造に向けて動いているというからオドロキです。

「ここ数年、輸入魚ではなく国産の魚を食べよう、という回帰の動きが活発になってきたと思います。単価も上がりつつあるし、僕たちには守り続けてきたという気概もありますからね」

そんな、八幡浜の漁業の伝統を感じながらおいしい魚を食べるなら、海幸丸とトロール市へ立ち寄れば間違いなし。

59207871019089925112949924429824558229401842483264334570811555844839711352815616

「網元の台所 海幸丸」

住所:愛媛県八幡浜市沖新田1582-3(トロール市場内)
TEL:0894-24-7711
営業時間:11:00〜14:00
定休日:土曜日

 

「トロール市」

営業時間:7:00〜16:00

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:八幡浜市
だんだんクセになる、八幡浜
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
国内有数のみかんの産地、愛媛県「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京大田市場の価格相場を決めるプライスリーダー...
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
フィンランドの作家・トーベ・ヤンソンが描いた漫画、小説などのキャラクター、「ムーミン」。主人公のムーミン・トロールを中心に、ちびのミイやスナフキン、ニョロ...
茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...