札幌・北18条のモーニングは「お粥とコーヒー」。え…どゆこと?

札幌の北18条駅付近で朝ごはんを済ませようとカフェ「CITY OASIS」に入ったら、コーヒーとお粥のセットが目に入った。

いまや和食にコーヒーを合わせることくらい珍しくはないと思っていたけど、お粥か……。一体、どうなんだろう。

しかも、お粥に胡椒を振るのが
CITY OASIS流

©2018 inagaki masanori

お粥は、素の白粥だ。それにお総菜のセットと塩、そして胡椒?

店員さんの「振ってみてください」という言葉を信じてみたけど、これが意外においしい。よく考えれば中華粥と胡椒は相性がいいし、たしかにこれは体のポカポカが加速する。

そこでコーヒーもひと口すすってみると、これまたいい。粥に、胡椒に、コーヒー。なんだ、普通に合うじゃないか。

台湾とニュージーランドがコラボした
「身近なカフェ」

©2018 inagaki masanori

オーナーの謝宗儒さんは、台湾出身。9歳でニュージーランドに渡り、大学時代に青森県へ。そのまま日本で店を出すことになった。

「ニュージーランドでは、みんな必ず朝にカフェに寄ります。仕事の支度をしたり、朝ごはんを食べて、一日のはじまりに備えるのです。彼らは、1日3回はカフェに行くんですよ。でも日本に留学したとき、そういう使い方ができる店がなかったんです。ドレスコードもなく、スウェットでも入れるような、そんな日常に寄り添っていてフレンドリーな店を作りたいと思ったんです」

謝さんが台湾のお粥とニュージーランドのコーヒーを掛け合わせたメニューを考案したのは、そんな理由からだ。

ちなみに、不思議な組み合わせはお粥だけにとどまらず、魯肉飯(ルーローハン)、台湾ソーセージ、シュウマイ、棒餃子がそれぞれコーヒーとセットでメニューに並ぶ。「なかでも、肉まんセットが一番の売れ筋です」と謝さん。

©2018 inagaki masanori
落ち着いた居心地のいい店内。気がついたら3時間ほどデスクワークに没頭していた

「強さ×強さ」で
コーヒーは喧嘩しなくなる

じつはこの異種の組み合わせは、どんなコーヒーにでも合うわけではないそうだ。元バリスタでもある謝さんも知識をもって様々なトライ&エラーを繰り返し、ようやくたどりついた答えが “コーヒーの淹れ方” だった。

「コーヒーが酸味方向か苦み方向かのどちらかに分かれることは、わりと知られているかと思います。酸味あふれる豆と、苦みあふれる豆を2種類使うことで、ボディがとても広いコーヒーになります。そうすると、コーヒーの個性がなくなる代わりに、大概のものにマッチするコーヒーになるんです」

お粥は、冷え切った体を温めてくれる。そして、コーヒーが興奮状態を引き起こし、体を目覚めさせてくれる。ただおいしいだけ、ではないのだ。

©2018 inagaki masanori
©2018 inagaki masanori

「CITY OASIS」

住所:北海道札幌市北区北18条西3丁目2番-24号
TEL:011-788-7081
営業時間:8:00〜23:00(LO22:30)、火曜・金曜のみ 8:00〜18:00(LO17:30)
朝食 8:00〜11:00、昼食 11:00〜16:00、BAR 16:00〜
定休日:水曜日
公式HP:http://cityoasis.wp.xdomain.jp/
公式SNS:Facebook

Top image: © inagaki masanori
ホテルやホステルを、ただ泊まるためだけの場所としてではなく、人を繋ぐコミュニティの中心として考えること自体は、決して新しくはない。そういった新しいコミュニ...
街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...
ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。ある者は、弟子入りをしたくて。北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
大学の長い長い夏休みを終えたばかりの友人に、リピートせずにはいられないゲストハウスがあると聞いて、紅葉の秋も終盤にさしかかった北海道へ飛んだ。向かった先は...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
ガラス張りの巨大な焙煎所がある学芸大学のコーヒーラボ&カフェ神乃珈琲〒152-0001 東京都目黒区中央町1丁目4-15https://www.kanno...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。