宇宙を狙う企業の走る個室「Model X」
〜音のないクルマ選び③〜


自分だけの静かな空間……。

こういう見方でクルマを選ぶ。エンジンとかメカ的なスペック、先進技術、金額などではなく。

未知の静かな世界をもつ完全なる電気自動車

自動車業界で新興メーカーが定着することは、日本においては稀なこと。しかし、そんな定説を覆してしまったのが、イーロン・マスクが率いた米国からの黒船、テスラ。

完全なる電気自動車として注目される一方、日本上陸当時の会長であったイーロン・マスクの宇宙事業にも注目が集まり、テスラの名前はクルマに興味を持っていなくても多くの人に知られたのかと思います。

そのテスラ、電気自動車です。完全なる。世の中には、ハイブリッド車を経験していても、エンジンに一切頼らないモーターのみで走るクルマを経験したことはそれほど多くないはず。

©TESLA

【テスラ Model X】

おそらくテスラ Model Xはアナタがもつ電気自動車のイメージを覆すでしょう。

選びのテーマとした「静かな空間」。この点で、おそらくどのクルマにも勝ります。だってテスラModel X、エンジンがないんだもの……。つまりクルマの中で聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。

丸く膨らみ、ゆとりある室内には、静けさしかありません。

iPad2枚分程の画面がセンターコンソールに鎮座し、ナビも含めその大画面で車両のモロモロをコントロールするのは、小さい頃に観たアニメの未来感と完全にマッチ。宇宙船ですか!?ってくらいにね。

©TESLA
©TESLA

そして、走ってみると、これがまたスゴイ。スタートからアクセルを全開に踏み込んだとしたら時速100km/hに到達するまでに2〜3秒しかかからない。宇宙へ飛んでいくロケットのような加速に驚かされること間違いありません。

そこらを走るスポーツカーよりも全然速いです。しかも、音も無いときたもんだ。

©TESLA

思い描いていた未来がここにある

あぁ、これが未来か。なんて思ってしまいますが、本当に私たちが思い描いていた未来がテスラにはある。そして、紹介するのに選んだModel Xは、日本のミニバンにも劣らない居住性も持っていて、仲間とも共有できる最高の静寂空間をもたらしてくれるはず。

まさに宇宙空間にいるロケットやコロニーかの如く、ということですね。もちろんそんな場所に行ったことなんて無いのですが……。

Top image: © TESLA
「静か」をキーにクルマを探そう!
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
イェール大学で人気の心理学講座が無料で受講可能に。オンライン教育サービス「Coursera」に登場した本講義では、心身の幸せを保つ秘訣を体系的に学べる。
「オビツ製作所」と「X-girl」が初めてコラボ。17日より「X-girl × OBITSU KEWPIE(R)」を発売した。
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
「あなたが望めば、テスラはもうすぐ喋るようになる。これは現実です」という言葉と共に投稿され多くの反響を呼んだイーロン・マスクのツイート。添付された6秒ほど...
0円で最大3泊4日までクルマのある生活を体験できるサービス「0円マイカー・トライアル」が3月26日からスタート。5月15日まで期間限定店舗「マイカー・トラ...
多様な結婚式に参列するにあたり「何を着たらいいのかわからない」と悩む女性たちへ向けたオンラインサービス「BEAMS SALON(ビームス サロン)」が今週...
9月末、テスラの「最新ソフトウェア(10.0)」がお披露目された。今回のアップデートでは、YoutubeやNetflix、Spotifyなどのエンタメ機能...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
クルマのオーナー同士が愛車を一時的に交換できるアプリサービス「CAROSET(カローゼット)」が12月10日からスタートしている。クルマを「所有」すること...
暗闇ボクシング・フィットネスとして話題の「b-monster」が、3月27日(金)より期間限定で無料配信中。人気パフォーマーのプログラムを自宅でおこなうこ...
「Afternoon Tea LIVING」と「STANLEY」の初のコラボレーションアイテムとなる春色のピンクカラーを纏った限定色の真空マグが4月10日...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
「2000N Pressed Shoe」というスニーカーのアッパー素材になっているのは、レザーでもなくスウェードでもなく、車のカーペットです。
通常は幅78cmに長さ160cmという1人乗り用自動車ですが、この「iEV X」は車体が伸びる仕様になっているんです。
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察がパトカーとしての採用を公式Twitterで発表したのは、いろいろ話題になったテスラの新型電動ピックアップトラック「...
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。