「テーマはカルト教団!?」TOMMY CASHのX-RAY

いまだに邦楽、洋楽という言葉がある日本に比べてヨーロッパの音楽シーンはボーダーレスです。だけど、TOMMY CASH(トミー・キャッシュ)のようなエストニア出身のラッパーというのは珍しい。IT分野などで話題になることの多いエストニアも、ポップミュージックのイメージはありません。

だからといってTOMMY CASHの音楽はエストニアの音楽かっていうと全然そんなことない(笑)。彼はオンリーワンな存在です。

カテゴライズできないような音楽は、いろんなサンプリングが入っているし、ガバ(懐かしい!)みたいな性急なリズムも今のトレンドといえるものかどうか……とにかくいろんなものがミックスされています。

その雑多な音楽は、MVでもいかされています。とくに『X-RAY』は、カルト教団をテーマにしたヘンテコなビデオです。彼のユニークネスを楽しむのにピッタリだと思います。

ちなみに、歌詞のなかでは時々エストニアの問題について言及していたりしています。

Ben/コラムニスト(TABI LABO)

1992年のロンドン生まれ。最初の音楽の記憶は、お父さんとデヴィッド ボウイとブロンディ、そしてザ・クラッシュが入ったカセットコレクション聴いたこと。だけど、ミュージックビデオは音楽と違う魅力があると思ってます。
いろんなカルチャーについての連載「ベンのトピックス」も読んでみて。

関連する記事

「オビツ製作所」と「X-girl」が初めてコラボ。17日より「X-girl × OBITSU KEWPIE(R)」を発売した。
「Cash App」がアパレルラインをローンチしたことを発表した。若者をターゲットにしていると思われるポップなデザインやかわいらしい配色で、大きな人気を集...
今回紹介するのは、イギリスのグラスゴー出身のエレクトロ・ポップバンドCHVRCHES (チャーチズ)です。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
「PS5」ついに公開!ゲーム体験を豊かにする新たな周辺機器も多数登場。「バイオハザード」「グランド・セフト・オート」「グランツーリスモ」などの新作も!

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...