テスラの最新アップデートで加わった“超ハイテク機能”とは?

9月26日、テスラのソフトウェアアップデート(Version 10.0)がお披露目された。

最新バージョンでは、テスラが「今までで最大のアップデート」と公言している通り、YoutubeやNetflix、Spotifyと連携ができるようになったり、車内でカラオケやゲームが楽しめたりと、遊び心を満たすエンタメ機能が多数追加された。

エンタメ機能もさることながら、今回のアップデートで注目すべきは「Smart Summon(スマート・サモン)」という「自動運転機能」だ。スマート・サモンとは、駐車場でクルマを目視できる状態であれば、クルマを自分のいる場所へ呼び寄せることができるという“超高度”な技術。

スーパーマーケットの駐車場では、できるだけ店舗に近いところにクルマを駐車したいと思うものだが、スマート・サモンがあればそんなことは気にならない。両手に荷物を抱えた状態でクルマまで歩く必要がなくなるからだ。

法律上、安全上の解決すべき課題はあるが、駐車場だけでなく、自宅からクルマを呼び寄せることも可能に──そんな未来も近いのかもしれない。

Top image: © Win McNamee/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
7月28日、イーロン・マスクがテスラの自動車に搭載されているディスプレイでNetflixやYouTubeが視聴可能になるとツイート。近日中にソフトウェアア...
1926年にスマートフォンの登場を予測していた人物がいた!という記事が米メディア「Big Think」に掲載されています。その人物とは、ニコラ・テスラ。彼...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
去る1月7日、イーロン・マスクはテスラのスーパーチャージャーについてのツイートをしました。それは、古き良きアメリカを蘇らせる、ドライブインシアターを復活さ...
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
ここで採り上げるのは、2019年にファイナルシーズンを迎えるアメリカの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のネタバレ対策です。
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
世界中のiPhoneユーザーがいま、不安な夜を過ごしている。とは少々言い過ぎだが、うかうか寝ていられない状況に代わりはない。なぜって、最新のiOSを「夜中...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
Google Mapsの進化が止まらない。2019年7月16日、GoogleはGoogle Maps上で「バイクシェア」のリアルタイム情報が見れるサービス...
アメリカ・ネブラスカ州の気象局は、クルマのダッシュボードを使ったビスケット焼きを実演することで、たくさんの人に熱波の警告をした。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
9月5日、Facebookは恋人探しができる機能「Facebook Dating」をアメリカで提供開始と発表。
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...