テスラの最新アップデートで加わった“超ハイテク機能”とは?

9月26日、テスラのソフトウェアアップデート(Version 10.0)がお披露目された。

最新バージョンでは、テスラが「今までで最大のアップデート」と公言している通り、YoutubeやNetflix、Spotifyと連携ができるようになったり、車内でカラオケやゲームが楽しめたりと、遊び心を満たすエンタメ機能が多数追加された。

エンタメ機能もさることながら、今回のアップデートで注目すべきは「Smart Summon(スマート・サモン)」という「自動運転機能」だ。スマート・サモンとは、駐車場でクルマを目視できる状態であれば、クルマを自分のいる場所へ呼び寄せることができるという“超高度”な技術。

スーパーマーケットの駐車場では、できるだけ店舗に近いところにクルマを駐車したいと思うものだが、スマート・サモンがあればそんなことは気にならない。両手に荷物を抱えた状態でクルマまで歩く必要がなくなるからだ。

法律上、安全上の解決すべき課題はあるが、駐車場だけでなく、自宅からクルマを呼び寄せることも可能に──そんな未来も近いのかもしれない。

Top image: © Win McNamee/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
「あなたが望めば、テスラはもうすぐ喋るようになる。これは現実です」という言葉と共に投稿され多くの反響を呼んだイーロン・マスクのツイート。添付された6秒ほど...
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
7月28日、イーロン・マスクがテスラの自動車に搭載されているディスプレイでNetflixやYouTubeが視聴可能になるとツイート。近日中にソフトウェアア...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察がパトカーとしての採用を公式Twitterで発表したのは、いろいろ話題になったテスラの新型電動ピックアップトラック「...
0円で最大3泊4日までクルマのある生活を体験できるサービス「0円マイカー・トライアル」が3月26日からスタート。5月15日まで期間限定店舗「マイカー・トラ...
2月20日、アメリカのミニカーメーカー「Hot Wheels」が「テスラ」のCybertruckを模したラジコンカーを発売すると発表した。
1926年にスマートフォンの登場を予測していた人物がいた!という記事が米メディア「Big Think」に掲載されています。その人物とは、ニコラ・テスラ。彼...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
去る1月7日、イーロン・マスクはテスラのスーパーチャージャーについてのツイートをしました。それは、古き良きアメリカを蘇らせる、ドライブインシアターを復活さ...
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
現代のライフスタイルに寄り添った仏「Citroën(シトロエン)」の超小型EV「Ami One Concept」が話題。購入はもちろん、カーシェアリングや...
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
Googleショッピング検索がより便利にアップデートされる。新機能では、特定のアイテムを掲載するオンラインショップが一括で表示され、色やサイズ、ブランドな...
ここで採り上げるのは、2019年にファイナルシーズンを迎えるアメリカの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のネタバレ対策です。
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。