ドバイの警察がテスラの新型EV「Cybertruck」の2020年導入を発表!

「セキュリティにおける存在感を高めるため」に、この電気自動車を選んだのだろうか──。

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察がパトカーとしての採用を公式Twitterで発表したのは、いろいろ話題になったテスラの新型電動ピックアップトラック「Cybertruck(サイバートラック)」。

冒頭のコメントは、ドバイ警察の最高司令官Abdullah Khalifa Al Marri氏がこのクルマの導入について語ったもの。確かに話題性やそのカクカクした独特のフォルムは目立つので、「警察がいるぞ」とわかりやすく治安維持にも貢献しそうだ。

また、過去にはランボルギーニやブガッティ、フェラーリといったスーパーカーをパトカーに導入したドバイ警察は、スタートから約2.9秒で100km/hの速度に達するとされるCybertruckの加速性能も魅力に感じた模様。

導入予定は2020年とのことだが、テスラがこの車両の発表の際にヤラかした“ガラス事件”のような事態(下の動画の1分10秒あたりからご視聴あれ)にならないよう、堅牢なガラスをはめることをオススメしたい。

© Bloomberg Markets and Finance
Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事