NYでもLAでもなく、今こそ「スーフォールズ」に行くべき9つの理由

もしかしたら、ほとんどの日本人はその街の名を聞いたことがないかもしれません。しかし、『Forbes』や『TIME』が発表しているランキングでは、アメリカでもっとも住みやすい場所として何度もランクインするほど、魅力が詰まっているそうなんです。

「目立たない、地味な田舎」

アメリカ国民の大多数がそんなイメージを持っているらしい、サウスダコタ州・スーフォールズを訪れるべきワケを「Matador Network」から紹介しましょう。

01.
アメリカ最高のサイクリングロードがある

4b6a4833f5ac97ea8bf6d3b787b61ca654d3b0b5

最近、『Fodor's Travel Guides』は、「ビッグスーリバー レクリエーション トレイル&グリーンウェイ」をアメリカ最高のスポットの1つだと言及しました。スタート地点は滝であり、都市部と農村部を取り囲むように、ビッグスー川に沿った道が26マイル(約41km)も続いています。

この場所は、サイクリングロードと認識されているかもしれませんが、ウォーキングやランニングをして楽しむ人々もたくさん。普通の旅では出くわすことのないスーフォールズの一面を発見するには最高の場所かもしれません。

02.
街の名前の由来にもなった、美しすぎる公園もある

F55e1b02b5bd9fb6be2af0678b19e53c38cf8652

自然豊かな観光スポット「フォールズパーク」は、 非常に美しく、街の名前の由来となった公園。流れ落ちる水は「豪快」のひとことで、プロポーズのスポットとしても人気です

5階建ての展望タワーからは公園全体を一望可能。135年前に建てられたスーフォールズ最古の建物「クイーンビーミル」の廃墟も眺められます。

クリスマスシーズンには、園内の建物や大半の木々が数千個のライトで飾られる「ウィンターワンダーランド」も開催。夏は、スーフォールズの古い電力会社の建物内にあるオーバールックカフェで、アイスクリームサンドイッチをどうぞ。

03.
さらには、アメリカでNo.2のパティスリーも!

あなたはこんな言葉を聞いて育ったはずです。

「もし本場のパティスリーを求めているなら、サウスダコタに行きなさい」

え、聞いたことがない?しかし、人気TV番組「Top Chef」で活躍するChris Hanmerは、それを実現すべく活動しています。

彼が経営する、ヨーロッパの影響を受けたスイーツのお店「CH パティスリー」では、2013年から最高のマカロンやキャラメルブリオッシュなど、高級スイーツを販売中。味だけではなく、その鮮明な色使いも高い評価を受けており、人々の美的感覚をくすぐります。ネオンカラーのマカロンは意外に思えるかもしれませんが、『The Daily Meal』のアメリカ最高のフレンチベーカリートップ10で、ニューヨークのお店に挟まれる形で第2位にランクインしたほど。

04.
「最高の日焼け」が待っている

ワイルドウォーターウエストは太陽の下で行う、ほぼすべてのアクティビティを提供。多くの人が「最高の日焼け」を体験できる場所になっています。

さらに、あなたのエネルギーが有り余っているなら、どんなに元気な人もヘトヘトにさせる、スリリングなウォータースライダーに挑戦を。一方、のんびりしたアクティビティを探しているなら、レイジーリバーがオススメ。チューブにつかまりながら流れに身をゆだね、ストレスを忘れてください。

05.
ヨーロッパ気分だって味わえる!

039db5eae609af640f6790ac0425b7aef67e79e3

1919年に完成したセントジョセフ大聖堂は、100年間近くスーフォールズの街を見守りつづけており、間違いなく州内でもっとも美しい建物のひとつ。1947年製のオルガンや、高天井とステンドグラスの窓は数十年にわたって維持されています。アメリカの中で、あえてヨーロッパ風を味わうのもいいのでは?

06.
家族全員で楽しめる 「ワシントンパビリオン」がある

家族全員で楽しみたいなら、スーフォールズの中心にある「ワシントンパビリオン」へ。ここには、アートギャラリーやアクティビティを備えた「カーヴィ サイエンス ディスカバリー センター など、あらゆるアトラクションが完備されています。

さらに、ワシントンパビリオンは、「サウスダコタ シンフォニー オーケストラ」のホームでもあります。この1ヵ所で、丸一日楽しめるでしょう。

07.
この場所ならではのアウトドア体験が可能

サウスダコタを訪れる多くの人は、「グレートプレーンズ」での体験を求めています。そのため、SDGFP (サウスダコタ州狩猟漁猟公園管理局)はスーフォールズのアウトドアキャンパスで、無料のイベントと教育プログラムを提供しています。たとえば、釣りのレッスンやバードウォッチング、自然学習プログラムが受講可能。

たとえそれらを受けなくとも、ちょっと立ち寄って休憩するだけでも、訪れる価値は十分。ビッグスー川沿いの眺め、小道のハイキングなど、贅沢な時間を過ごせるでしょう。ここサウスダコタは、カワウソ、モモンガ、フクロウの生息地なのです。

08.
エネルギッシュなミュージックシーンを目の当たりにできる

現在、スーフォールズはちょっとした音楽の復興期にあります。いくつかの新しい音楽施設が誕生しており、最近完成した「デニー サンフォード プレミア センター」には、ポール・マッカートニーを招待したばかり。一方、「ザ ディストリクトでは、まだ有名ではない多くの若手ミュージシャンが曲を披露しており、薪で焼いたステーキを味わいながら、演奏を楽しめます。

もしユニークな体験を求めているなら、「ホワイトウォールセッションズ 」へ。5ドルの当日券を購入すれば、レコーディング中のミュージシャンの様子を、少人数の落ち着いた空間で観覧できますよ。

09.
大人気の音楽フェスが開催される

Bf6889b6ee62cd3a556a0b6c509a30b96aa29cd4

この年に1回のスーフォールズの祭典「25th Annual JazzFest」は、3日間のアウトドアミュージックイベント。しかも、入場料は無料!7月中旬に「ヤンクトン トレイル パーク」で開催され、ラテン、レゲエ、ファンクなど、ジャズ以外の音楽も楽しめます。

Licensed material used with permission by Sioux Falls
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
海外旅行に行くために航空券を検索→「安い!」と思ったら燃油サーチャージが含まれていないらしい→結局高いこのサイクル、旅行好きなら一度は経験したことあります...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...