どうしてもカレと行きたい、世界の10の場所。

カレとの距離をグンと縮めるいちばんのコツは、非日常的な環境にふたりの身を置いてみること。つまり、一緒に旅に出かけることです。あなたとカレが「ロマンチック」とみなすのは、星空に包まれること?一緒に思いっきりアクティブになること?光煌めく海辺でごろ〜んとふたりで横たわること?

ま、とりあえず「Elite Daily」ライターのRachel Shattoさんがまとめた、恋人と行ってこそ最高の思い出になる10の旅先を見てみるとしましょう。

春休みか、GWか…もしかしたらカレとの次の旅行先がこの場で決まっちゃうかも?

01.
桜が満開な京都

毎春、満開の桜が素晴らしい景色を見せてくれる京都。桃色の花びらで溢れかえった道を大切な相手とそぞろ歩きなんて、最高にロマンチック。

02.
大自然に囲まれる
ハワイのカウアイ島

そこまで観光地化されていないからこそ、絶景ととびっきりの冒険が期待できるハワイのカウアイ島。ゆったりと過ごしながら絶景を存分に味わうのもよし。ハイキングに出かけて美しい自然を楽しむもよし。

03.
フィンランドのオーロラの下で
愛を叫ぶ

非日常的で絶対に忘れない旅にしたいのなら、フィンランドのKakslauttanen Arctic Resortのイグルーに泊まってみよう。ベッドからは星空のみならず、オーロラまでもが独り占めできます。

04.
ギリシャのサントリーニ島
魔法みたいな街中を散歩

ロマンスが滲み出る街、サントリーニ。地中海に沈む夕日が街を照らす格好は、息を飲むほど美景。

05.
ボラボラ島で
ふたりっきりの海を満喫

誰にも邪魔されない、カレとふたりだけの時間を満喫したいのなら、ボラボラ島の海に浮かぶ水上コテージでの宿泊をチョイスしよう。煌びやかな水中に潜れば、エキゾチックなお魚たちがおもてなし。水上コテージから一歩踏み出すだけで広がる海の景色は、圧巻。

06.
スコットランドのスカイ島で
ハイキング

スコットランドのスカイ島は、歴史ロマンス小説に出てくる情景を現実に描き出したような壮観さ。お互いの体をキルト1枚でくるんで自然に出ることができれば、あなたの勝ち。

07.
アフリカ・セーシェル諸島の海辺で
夕焼けに乾杯

ビーチサイドのリゾートに部屋を借りて、夕日が沈む時間にはカクテルで乾杯。

08.
ベルギーのカナルストリートで
手をつないで散策

「ロマンチックなカナルストリート」なんて聞くと、多くの人はベニスやオランダを思い浮かべるでしょう。でも、じつはベルギーのブルッヘがその中でも一番ロマンチックだって知ってた?

09.
コスタ・リカで
サンセットクルーズ

静かに愛を確かめ合いたいのなら、コスタ・リカのタマリンドがぴったり。ここならサーフィンだって、壮大な自然と戯れるのだって、ビーチのハンモックでリラックスするのだってぜ〜んぶできちゃう。そう、タマリンドはいちいちロマンチックなのです。

10.
アイスランドで
温泉デート

どこに行っても、絵にも描けない美しさでお出迎えしてくれるアイスランド。冒険が好きなふたりなら、氷河へのハイキングや海でツノメドリ探しがオススメ。ただただリラックスするのが好みなら、アイスランドが誇る天然の地熱温泉にジャボンしよう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
「Elite Daily」のAlexa Mellardoさんの紹介する5つの場所を見て、私は一気に“クリスマス気分”になってしまった。観光名所でもある場所...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
実際に撮影した写真をフォトショップで編集し、自身のインスタグラムに投稿しているJULIUS KÄHKÖNENさん。実際に日本に存在する建造物と彼のイマジネ...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...