思わず「ウ〜ララ!」、BARの奥にある本棚から入るシークレットホテル

先頃、フランスはバスティーユ広場からすぐのパリ11区にできたホテル「Oh la la!(ウーララ)」。その遊びゴコロ満載の仕掛けが話題になっている。

所在地となっている場所には、「HOTEL」と書かれたファサードを見つけることができるが、フロントらしき設備はない。そこから入れるのはBARの店内。だが、奥の一角のにある本棚にキーを挿し入れると……ホテルへと続く階段が現れる。そこから客室につながるというシークレットホテル。それが「Oh la la!」の正体。

全16室の客室はミニマルなインテリアでコンパクトにまとめられている。半数以上の客室がバスティーユ広場に面しており、行き交う人々を眺めながらのんびりと気ままな時間を過ごすことができる。

レストランやカフェに設置された秘密の扉の向こうにシークレットバーが!などは耳にすることもあるが、宿泊施設がそんなところ隠れているとは......フランス人の“ウィット”の小粋さを感じるスポットだ。

『Oh la la ! Hotel Bar』
【住所】6 rue de la Roquette 75011 PARIS
【予約】reservation@ohlalahotel.com
ohlalabastille.com

Top image: © iStock.com/Natalie_
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
日本で出会った「大福」に魅了され、フランスではじめた「MOCHI」づくり。
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
薄い焼き菓子にチーズやクリームを挟んで食べるイタリアの伝統お菓子「チャルダ」専門店La Cialda〒152-0035 東京都目黒区 自由が丘1丁目25-...
数年前に話題となった“LAセレブに愛される朝食”を生んだ店「eggslut(エッグスラット)」が、9月13日、新宿サザンテラスにオープン。看板メニューをは...
今回は池袋にある「Viva la Burger」。食感がおいしいリッチ!で上品な“BOUSHI”ハンバーガーを食べてきたで!SNSで人気のお店って実際はど...
ヨーロッパではヘビーメタルも根強い人気がある。その象徴ともいえるのがフランスの「Hellfest(ヘルフェスト)」だ。
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
シンガポールの「マリーナベイ・サンズ」をはじめとした有名観光地に展開される「CE LA VI」が「東急プラザ渋谷」にオープン。渋谷の夜景が一望できる好立地...
〈LA COMPAGNIE BMC〉のカラフェは、プラスチックだからこそのカラーリングやカタチが楽しめます。70年代、フランスの学校などで使用されていたモ...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
フレンチシェフの業界で、これからを牽引するんじゃないかという注目すべき日本人シェフが、パリにいた……。