「2言語7通貨対応」で世界へ発信。「最高級八女茶」専門のECサイトが開設

ここ数年、欧米を中心とした海外の緑茶ブームはとどまるところを知らない。健康志向日本食ブームの影響により、日本のお茶の輸出量はこの10年間で5倍に達する勢いだ。

そんな海外市場にいち早く目をつけ、最高品質の日本茶を2言語(日英)7通貨対応(日本円・USドル・香港ドル・カナダドル・豪州ドル・欧州ユーロ・英ポンド)で販売する通販サイトが2月5日に公式オープンした。

その名も「YAME TEA SHOP」

「YAME TEA」とは、福岡県八女市を中心に栽培される「八女茶」のこと。

古来よりお茶の栽培に理想的な地理条件が整った地域として、「本玉露」をはじめプレミアムな緑茶を数多く産出。全国茶品評会で数多くの賞を受賞してきた、日本を代表するブランド茶だ。

けれど、国内茶葉の生産シェアはわずか2.6%だそう。そこで、同サイトを管理する「八女伝統本玉露推進協議会」は、2016年より八女茶の世界ブランディング事業を開始。足掛け4年にわたって世界への発信を続けてきた。

今、ワインやコーヒーのように緑茶を嗜好品として楽しむ外国人が増えていると聞く。ペットボトルに慣れてしまった日本人にも、そう遠くない未来、“緑茶の嗜み”がもっと身近なものになるに違いない。

©八女伝統本玉露推進協議会
©八女伝統本玉露推進協議会

『YAME TEA SHOP』

【公式URL】https://yame-teashop.com/

Top image: © 八女伝統本玉露推進協議会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
高級食材を使った料理をリーズナブルな価格で提供することで人気の「俺のレストラン」。4月15日、あらたに俺のシリーズ公式通販サイト「俺のEC」をオープン。
上海で人気の茶館「听云台茗茶空间」。店内ではスモークが焚かれたりして独特な雰囲気。入り口は黒い扉が設けられているのみで、外から見ると民家のよう。
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
“茶リスタ”×”バリスタ”の2人の専門家が手がける お茶とコーヒーが楽しめる西荻窪の日本茶スタンドSatén japanese tea〒167-0054 ...
今月9日、年々高まる「ノンアルコールブーム」を加速させる専門ECサイト「MARUKU」がオープン。コンビニやスーパーではあまり見ることのできない、レアで貴...
「おもいでの国」は「株式会社キングジム」が運営する、ペット用の仏壇・仏具を揃えるネット通販サイト。そのECサイトが2019年11 月21日(木)に「楽天市...
伝統茶器で淹れる日本茶をオリジナルカップで味わえる中目黒にある日本茶とスペシャリティコーヒーのカフェartless craft tea & coffee〒...
ケニア共和国が25年もの歳月をかけて生み出したお茶「紫茶」。この紫茶を100%使用した「クレンズパープルティー」の販売が開始された。
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
10月30日、イギリスの「BBC News」がダークウェブ上にミラーサイトを開設したと発表。これは「Tor」経由でしかアクセスができないようになっている。
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
全国で展示会などが中止に追い込まれているなか、日本の陶芸界を盛り上げようと、Instagramで展開してきた日本の焼き物紹介マガジン「大人の焼き物」がオン...
江戸時代のキャラクターがキャンプやサーフィンをする、ちょっと不思議なパッケージの日本茶「VAISA」。今だからこそ、人との対話や時間の大切さを“日本茶”を...
プリン、キャラメル、チョコなど、おやつの香りがするマスクのご紹介。
レトロなPCのようなコロンとした見た目のワイヤレススピーカー「DITOO」がかなり万能。ピクセルアートの作成やリマインダーなどの機能を搭載している。
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
日本産の養殖魚(クラフトフィッシュ)に関するさまざまな魅力を発信するウェブメディア「CRAFT FISH」がローンチ。
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第4回は、薬膳カフェ日月の「花...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...