「2言語7通貨対応」で世界へ発信。「最高級八女茶」専門のECサイトが開設

ここ数年、欧米を中心とした海外の緑茶ブームはとどまるところを知らない。健康志向日本食ブームの影響により、日本のお茶の輸出量はこの10年間で5倍に達する勢いだ。

そんな海外市場にいち早く目をつけ、最高品質の日本茶を2言語(日英)7通貨対応(日本円・USドル・香港ドル・カナダドル・豪州ドル・欧州ユーロ・英ポンド)で販売する通販サイトが2月5日に公式オープンした。

その名も「YAME TEA SHOP」

「YAME TEA」とは、福岡県八女市を中心に栽培される「八女茶」のこと。

古来よりお茶の栽培に理想的な地理条件が整った地域として、「本玉露」をはじめプレミアムな緑茶を数多く産出。全国茶品評会で数多くの賞を受賞してきた、日本を代表するブランド茶だ。

けれど、国内茶葉の生産シェアはわずか2.6%だそう。そこで、同サイトを管理する「八女伝統本玉露推進協議会」は、2016年より八女茶の世界ブランディング事業を開始。足掛け4年にわたって世界への発信を続けてきた。

今、ワインやコーヒーのように緑茶を嗜好品として楽しむ外国人が増えていると聞く。ペットボトルに慣れてしまった日本人にも、そう遠くない未来、“緑茶の嗜み”がもっと身近なものになるに違いない。

©八女伝統本玉露推進協議会
©八女伝統本玉露推進協議会

『YAME TEA SHOP』

【公式URL】https://yame-teashop.com/

Top image: © 八女伝統本玉露推進協議会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本で生まれた日本茶ベースのハーブティーをご紹介。
“日本茶離れ”に歯止めをかけるべく、伝統の「しずく茶」を現代にアップデートさせた「mute」。
“気分に合わせて選べる”をコンセプトとした日本茶のティーバッグシリーズが、鹿児島発の日本茶専門店「すすむ屋茶店」より発売。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
お湯を注ぐとグラスのなかにキレイな花が咲く。中国「工芸茶(造形茶)」のご紹介。
ケニア共和国が25年もの歳月をかけて生み出したお茶「紫茶」。この紫茶を100%使用した「クレンズパープルティー」の販売が開始された。
今月9日、年々高まる「ノンアルコールブーム」を加速させる専門ECサイト「MARUKU」がオープン。コンビニやスーパーではあまり見ることのできない、レアで貴...
廃棄になる「宇治茶葉」を、茶葉の元の姿「植物」として目と香りで楽しむものに生まれ変わらせたフラワーボックス「茶和花」が1月より販売をスタートした。
高級食材を使った料理をリーズナブルな価格で提供することで人気の「俺のレストラン」。4月15日、あらたに俺のシリーズ公式通販サイト「俺のEC」をオープン。
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
上海で人気の茶館「听云台茗茶空间」。店内ではスモークが焚かれたりして独特な雰囲気。入り口は黒い扉が設けられているのみで、外から見ると民家のよう。
“茶リスタ”×”バリスタ”の2人の専門家が手がける お茶とコーヒーが楽しめる西荻窪の日本茶スタンドSatén japanese tea〒167-0054 ...
今月から“バーテンダーとソムリエによる、バーテンダーとソムリエのため”のノンアルコールECサイト「nolky」がオープン。妥協せず選び抜かれたプロ一押しの...
伝統茶器で淹れる日本茶をオリジナルカップで味わえる中目黒にある日本茶とスペシャリティコーヒーのカフェartless craft tea & coffee〒...
世界初の「パーソナライズ抽出機能」を実現したスマートティーポット「teploティーポット」の公式茶葉サブスクリプションサービスが、先週22日(木)からスタート。
「おもいでの国」は「株式会社キングジム」が運営する、ペット用の仏壇・仏具を揃えるネット通販サイト。そのECサイトが2019年11 月21日(木)に「楽天市...
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。