100年使える「湯のみ」

リモートワーク時代に働くすべての人に向けた新しい湯のみ「CHAPTER(チャプター)」が、応援購入サービス「Makuake」で9月末まで予約を受け付けている。

日本茶ブランド「美濃加茂茶舗」とプロダクトを中心に日常の道具を作り続けるクリエイティブユニット「TENT(テント)」の共同で開発した、この湯のみ。暮らしやお仕事のシーンに、アイデアを思いついたりヒントを得られるような、「いい一区切り」をもたらすよう開発されたアイテムだ。

岐阜県多治見市の磁器メーカー「丸朝製陶所」が誇る高温処理製法“多治見締め”により、素地のままでも頑丈で汚れにくい「100年使える」磁器という仕上がり。

デザインは、「計量できる湯のみと、茶葉を置ける蓋」というミニマルな構成の湯のみは、和にも洋にも、どんな空間にも馴染む佇まい。繊細なクリアグレー、ざらつきのあるマットブラック、“多治見締め”の技法が生みだすグレイベージュの3色を用意している。

「自分のデスクにこそ必要」と感じる方もいるのではないだろうか。

©茶淹
©茶淹
©茶淹

『CHAPTER』
【購入ページ】https://www.makuake.com/project/minocamo-chaho/

Top image: © 茶淹
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

クラウドファンディングで1700%の支援を達成した「100年使える湯のみ」が、ついに一般販売を開始。
“日本茶離れ”に歯止めをかけるべく、伝統の「しずく茶」を現代にアップデートさせた「mute」。
ケニア共和国が25年もの歳月をかけて生み出したお茶「紫茶」。この紫茶を100%使用した「クレンズパープルティー」の販売が開始された。
“気分に合わせて選べる”をコンセプトとした日本茶のティーバッグシリーズが、鹿児島発の日本茶専門店「すすむ屋茶店」より発売。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
“現代人がうまく休める道具”として日本茶を提案する愛知県の「美濃加茂茶舗」が、おしゃれな収納ボックスに入った日本茶定期便「WORKERS’Break」を予...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。