話題のヴァーチャルモデル「imma」が刺繍アーティスト清川あさみとコラボ

写真に刺繍を施す技法でさまざまな作品を生み出す、ヴィジュアルアーティスト清川あさみの新作個展「imma」が9月4日より「フィリップス東京」にて開催される。

個展タイトル「imma」でピンと来た人もいるだろう。そう、今作のテーマは日本初のヴァーチャルモデル「imma」とのコラボ。

これまで社会で活躍する女性の本質を捉える「美女採集」シリーズや、ファッションスナップをモチーフとした「TOKYO MONSTER」シリーズなど、リアルな人々をモチーフに独自の世界観を展開してきた清川。

一転、今作は時代の「いま」を体現する「imma」という存在を通して、清川が投げかける現代社会への眼差し、過去・現在・未来を結ぶ新たな神話の世界を描き出している。

「immaが今の世に誕生した“意味”を考えながら、今やカリスマ的なファッションアイコンに成りつつある彼女自身が醸し出す『奇妙な存在感』“採集”し、作品化したいと思いました」と清川。

カルチャーアイコンと清川あさみの融合から生まれる、「いま」という時代の断片。実態のないはずの人間性をそこに見出すように、形骸化した「いま」とあらためて対峙してみては?

©ASAMI Inc.

『清川あさみ |Asami Kiyokawa 「imma」』

【会場】フィリップス東京
【住所】港区六本木6-6-9ピラミデビル4F
【会期】9月6日(金)〜26日(土)
【時間】12:00〜17:00(月〜土)日祝休

Top image: © ASAMI Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アーティスト清川あさみプロデュースによる動画メディア「「Culture Room by Asami Kiyokawa」が始動。2006年よりたずさわってき...
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
今春4月25日、新しく出店する「IKEA原宿」のオープンに向け、「イケア・ジャパン」は日本でもっとも話題のバーチャルモデル「imma」とパートナーシップを...
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
女性という、生き物について。
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
イラレの操作スキルがあれば、なんでもリアルに再現できてしまうけれど、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えるアーティストがいる。
刺繍アーティストのDanielle Cloughが作品を編みこむキャンバスとして選んだのは、なんとビンテージ品のテニスラケット!ガットに糸を通してカラフル...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
「Y-3」が今月上旬から2020年春夏コレクションの第1弾「Craft」を順次展開中。注目は“暴走族”から着想を得た刺繍Tシャツやボンバージャケットだ。
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
「Off-White」が「ルーブル美術館」でダ・ヴィンチの逝去から500年という節目におこなわれている「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」とコラボ!
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...