日本人がつくった〇〇〇の「ポテトチップス」に、世界が驚いた

下記のインスタグラム動画を再生すると、5秒少々で何が起きているのかがわかる。その正体を知れば、きっと驚くはずだ。

まず、ポテチを手に取る

D37144a22e810defc2a2fc7474629cf8ad8d9b66

これといって不思議なところはなにもないように見える。が、

クルッと回すと、

C1f51225f4782543c83448b3626ff058e3cdac4a

裏面が…。

F4fa4b0dfc41e665020e06d8d71ab6fdf393789f

そう。これ、実は彫刻でつくられた木彫りのポテトチップスだったのだ!

色付けも絶妙。動画で手を触れた時の音にしろ、本物と混ぜて置かれるとまったく見分けがつかない見事な出来栄え。

つくったのは、彫刻家の川崎誠二氏。作品はこれだけではない。SNSで幾つも発表しているが、どれも一見しただけでは…。ぜひその目で確かめてみて欲しい。

979d0123d905930a607bb8025bb93428ea779c06

真実を知っていいてもなお、裏返すまで信じられないクオリティ。

Dd3988b5573462d1bdf82736257420e8a1c43994

このクロワッサンは、金沢のパン屋に実際に置かれているものだそうだ。本物と一緒に並べると…。

19e804137cffa4eac55dc495d66d31952518fe7e

こんな感じ。

そのほか、トーストやエビ、柿ピー、野菜などがある。

C8c83d5f907d8eab8959fcedaf7f31c5cc1b791695d7664671c02504f5c1cc3d70e64de8d94f9f75A907c303a6cad856d3e86ff63d19064f560bbdd36bc67c1a11496098d84fe52e98646acb20d3e5d27c632a62e522dd9b90e5b90d7eddf94510e7dd6d

どれが木彫りのものか、一瞬でわかるだろうか。

E887ba5b8a1b74dc8af46951395f4d75d81fb4e6

ぜんぶ、よ〜く見てからでないと断言するのは難しいのでは?

1afdd8d442535d6994412d13e0a3321fff54811e7793f874400855e6443d55b488a492659031e12e

ちなみに、箸置きとして使える。

わざと彫刻前後をハッキリと見分けられるように作ってある『美味しい流木』シリーズも、つい甘いものが食べたくなるシロモノだ。

60db92249a1cd95e23f54709630e4ccc57034304Fe6ab51ed3792e52daf16bfdc3300e2ac2206705

すでに20以上もの言語に訳され、各メディアで紹介されているそうだ。SNSには海外からのコメントも多い。残念ながらまだ商品化はされていないが、依頼があれば対応しているとのこと。ゆくゆくは販売を考えているという。

川崎氏は、作りかたをwebサイトやSNSで一部公開している。もちろん食品以外のものもたくさんあるので、一度覗いてみてはどうだろう。ただし、ダイエット中の人は要注意ーーってもう遅いか。

Licensed material used with permission by Seiji Kawasaki, Instagram, Twitter, Facebook
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
NY在住25年のアーティストMADSAKIさん監修、英語表現研究会による著書『正しいFUCKの使い方』(トランスワールドジャパン株式会社)は、もう一歩向こ...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
「〇〇の秋」と呼ばれるように、久々に何かを再開したり、新しいことに手を出してみるのにちょうどいいタイミング。ライターのChanel Vargasさんが推す...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
一面、銀世界の上にリフトが連なり、なんとも綺麗なスキー場の風景…。しかしみなさん、お気づきですか。じつはこれ、洗濯物干しとタオルで作られたミニチュアアート...
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
状況や相手のタイプによって、どれが一番スマートな誘い方なのかは変わってきます。けれど、ここでOKをもらいたいな〜という時には、この心理的テクニックを覚えて...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
今日も天気が良くてお出かけ日和! ドライブで流すBGMに迷っているなら、このプレイリストをオススメ。
昨年まで〇〇会社に勤めていたわたし、リツ(偽名)。わたしが以前、働いていた会社には“変なヤツ”が多くいました。そのため、いつもゴタゴタと次から次へと問題が...
米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!...
50年以上前、アメリカ音楽界に衝撃を与えた「SUKIYAKI」。その数年後、日本の醤油メーカーが現地に乗り込みアレンジしてできたのが「TERIYAKI」。...
Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
つるつる、ぬめぬめした見た目。実生活においては、苦手としている人もいるかもしれません。しかしながら、カエルは昔から縁起の良い生き物として親しまれてきました...
オーガニックアイスクリームブランド全米No.1が代官山に上陸。
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...