日本人がつくった〇〇〇の「ポテトチップス」に、世界が驚いた

下記のインスタグラム動画を再生すると、5秒少々で何が起きているのかがわかる。その正体を知れば、きっと驚くはずだ。

まず、ポテチを手に取る

これといって不思議なところはなにもないように見える。が、

クルッと回すと、

裏面が…。

そう。これ、実は彫刻でつくられた木彫りのポテトチップスだったのだ!

色付けも絶妙。動画で手を触れた時の音にしろ、本物と混ぜて置かれるとまったく見分けがつかない見事な出来栄え。

つくったのは、彫刻家の川崎誠二氏。作品はこれだけではない。SNSで幾つも発表しているが、どれも一見しただけでは…。ぜひその目で確かめてみて欲しい。

真実を知っていいてもなお、裏返すまで信じられないクオリティ。

このクロワッサンは、金沢のパン屋に実際に置かれているものだそうだ。本物と一緒に並べると…。

こんな感じ。

そのほか、トーストやエビ、柿ピー、野菜などがある。

どれが木彫りのものか、一瞬でわかるだろうか。

ぜんぶ、よ〜く見てからでないと断言するのは難しいのでは?

ちなみに、箸置きとして使える。

わざと彫刻前後をハッキリと見分けられるように作ってある『美味しい流木』シリーズも、つい甘いものが食べたくなるシロモノだ。

すでに20以上もの言語に訳され、各メディアで紹介されているそうだ。SNSには海外からのコメントも多い。残念ながらまだ商品化はされていないが、依頼があれば対応しているとのこと。ゆくゆくは販売を考えているという。

川崎氏は、作りかたをwebサイトやSNSで一部公開している。もちろん食品以外のものもたくさんあるので、一度覗いてみてはどうだろう。ただし、ダイエット中の人は要注意ーーってもう遅いか。

Licensed material used with permission by Seiji Kawasaki, Instagram, Twitter, Facebook
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
NY在住25年のアーティストMADSAKIさん監修、英語表現研究会による著書『正しいFUCKの使い方』(トランスワールドジャパン株式会社)は、もう一歩向こ...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
「〇〇の秋」と呼ばれるように、久々に何かを再開したり、新しいことに手を出してみるのにちょうどいいタイミング。ライターのChanel Vargasさんが推す...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
一面、銀世界の上にリフトが連なり、なんとも綺麗なスキー場の風景…。しかしみなさん、お気づきですか。じつはこれ、洗濯物干しとタオルで作られたミニチュアアート...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
昨年まで〇〇会社に勤めていたわたし、リツ(偽名)。わたしが以前、働いていた会社には“変なヤツ”が多くいました。そのため、いつもゴタゴタと次から次へと問題が...
状況や相手のタイプによって、どれが一番スマートな誘い方なのかは変わってきます。けれど、ここでOKをもらいたいな〜という時には、この心理的テクニックを覚えて...
米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
50年以上前、アメリカ音楽界に衝撃を与えた「SUKIYAKI」。その数年後、日本の醤油メーカーが現地に乗り込みアレンジしてできたのが「TERIYAKI」。...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...