Twitterを二分する「スパゲッティ論争」

ここ1週間ほど(2017年7月のお話です)Twitterで盛り上がっている「スパゲッティ論争」を知っていますか?はっきり言っちゃえば、本当はどーでもいい話。きっと、発祥地のイタリア人にとってみれば。

スパゲッティは複数形
1本ならば「スパゲット」だ

spaghetto(スパゲット)

名詞
複数形はspaghetti(スパゲッティ)
・スパゲッティをフォークで1本だけすくい上げた状態

ことの発端は、米ボストン在住のハンドルネーム@caroramseyが発見(?)したという、このツイートから。

要するにスパゲッティ(spaghetti)って呼ぶけれど、あの麺を1本だけフォークですくい上げたら、それは「スパゲット(spaghett)」なんじゃないか。それが@caroramseyの主張。

なぜ、こんな言い回しになるかは、イタリア語を勉強したことある人ならば理解できるはず。本来スパゲッティって、イタリア語でいうところの複数形。名詞の性や数で語尾の音が「i」や「e」に変化するという、文法上の性質から。

スパゲッティにも単体の呼称があるべき、ということなんでしょうけど……。いったい、どのタイミングで使うのやら。あ、茹で加減をみるときだったり!?

ちなみにイタリア語にもちゃんと「spaghetto」は存在するそうです。ただし、ほとんどみんなスパゲッティ1本としては使わないそうで、ひょろひょろっとした細身の人を形容するときに、こう表現することもあるんだとか。

スパゲッティじゃダメなんですか?

このツイートがなされてから、数時間と経たないうちに続々と軽やかなツッコミが入ってくるんですが、これがなかなか的を得ていて(笑)。かいつまんで紹介すればこんな感じ。

いやいやいや、そもそも1本だけを強調するようなタイミングある?

これは考えさせられるネタだね

夕飯に超〜長いスパゲッティが1本だけ出てきたら、それそこがスパゲットだ

『わんわん物語』に登場するシーンのアレか?

つまりはパパラッチもパパラッチョでないと

パスタの一種でありながら、かつて多くの日本人も親しみを込めて呼んできたスパゲッティ。でも、いまその呼称を使うと、なぜかダサく聞こえるという悲哀。たとえ、それが単数系だったとしても……。

それでも、こういう議論が集まり、それが大きく発展していくところにSNSのおもしろさがあるようにも思うのです。

Licensed material used with permission by Caroline Ramsey
ある直線をいくつも組み合わせたドレス。一見プラスチックに見えなくもないですが、実はこれあのスパゲッティでできているのです。作品を手がけるのはフランス人のA...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
シェフ達は、愚かな間違いをしている。「Deadspin」のライター、クリス・トンプソンが公開した記事の冒頭に、こんな言葉がある。彼が異議を唱えたのは、『従...
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
教授の神対応によって、多くの人に笑いを届ける出来事となりました。
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
フィラデルフィア在住の女性の発案でアメリカ全土へと広まった「ミートボールフライデー」。みんなでミートボール入りのスパゲッティを食べるという風習が、じわじわ...
「川崎市立日本民家園」内の藍染め工房「川崎市伝統工芸館」が用意したのは、政府から支給されたマスクを持ち込み、藍染め体験をおこなえる期間限定プログラム。
ジョバンニ・ボッカチオの作品「デカメロン」をモチーフにした、BookCafe&Bar「デカメロン」がオープン。店内では、お酒を中心としたメニューの提供やア...
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
台所にいつも常備してあるツナ缶でも、こんなに奥深い味になるのが不思議。セロリがなければピーマンやパプリカ、ニンジンなど加熱して美味しい野菜ならなんでもOK...
正直いって見た目はイマイチですが、得てしてそういうものの方がおいしかったりするものです。マーケットや屋台でおそるおそる口にする、B級グルメがその典型。それ...