ツイッターを二分する「スパゲッティ論争」

ここ1週間ほどTwitterで盛り上がっている「スパゲッティ論争」を知っていますか?はっきり言っちゃえば、本当はどーでもいい話。きっと、発祥地のイタリア人にとってみれば。

スパゲッティは複数形
1本ならば「スパゲット」だ

2b4fb0274ddc6e8eb34d750eb5dccc3e0b772566

spaghetto(スパゲット)

名詞
複数形はspaghetti(スパゲッティ)
・スパゲッティをフォークで1本だけすくい上げた状態

ことの発端は、米ボストン在住のハンドルネーム@caroramseyが発見(?)したという、このツイートから。

要するにスパゲッティ(spaghetti)って呼ぶけれど、あの麺を1本だけフォークですくい上げたら、それは「スパゲット(spaghett)」なんじゃないか。それが@caroramseyの主張。

なぜ、こんな言い回しになるかは、イタリア語を勉強したことある人ならば理解できるはず。本来スパゲッティって、イタリア語でいうところの複数形。名詞の性や数で語尾の音が「i」や「e」に変化するという、文法上の性質から。

スパゲッティにも単体の呼称があるべき、ということなんでしょうけど……。いったい、どのタイミングで使うのやら。あ、茹で加減をみるときだったり!?

ちなみにイタリア語にもちゃんと「spaghetto」は存在するそうです。ただし、ほとんどみんなスパゲッティ1本としては使わないそうで、ひょろひょろっとした細身の人を形容するときに、こう表現することもあるんだとか。

スパゲッティじゃダメなんですか?

このツイートがなされてから、数時間と経たないうちに続々と軽やかなツッコミが入ってくるんですが、これがなかなか的を得ていて(笑)。かいつまんで紹介すればこんな感じ。

いやいやいや、そもそも1本だけを強調するようなタイミングある?

これは考えさせられるネタだね

夕飯に超〜長いスパゲッティが1本だけ出てきたら、それそこがスパゲットだ

『わんわん物語』に登場するシーンのアレか?

つまりはパパラッチもパパラッチョでないと

パスタの一種でありながら、かつて多くの日本人も親しみを込めて呼んできたスパゲッティ。でも、いまその呼称を使うと、なぜかダサく聞こえるという悲哀。たとえ、それが単数系だったとしても……。

それでも、こういう議論が集まり、それが大きく発展していくところにSNSのおもしろさがあるようにも思うのです。

Licensed material used with permission by Caroline Ramsey
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
シェフ達は、愚かな間違いをしている。「Deadspin」のライター、クリス・トンプソンが公開した記事の冒頭に、こんな言葉がある。彼が異議を唱えたのは、『従...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
シーズン問わず、コスパのいいおかず「塩サバ」ですが、いつも焼くだけではワンパターン。そこで、こんなおつまみはいかがでしょう。
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
フィラデルフィア在住の女性の発案でアメリカ全土へと広まった「ミートボールフライデー」。みんなでミートボール入りのスパゲッティを食べるという風習が、じわじわ...
正直いって見た目はイマイチですが、得てしてそういうものの方がおいしかったりするものです。マーケットや屋台でおそるおそる口にする、B級グルメがその典型。それ...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
台所にいつも常備してあるツナ缶でも、こんなに奥深い味になるのが不思議。セロリがなければピーマンやパプリカ、ニンジンなど加熱して美味しい野菜ならなんでもOK...
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
たぶん、史上最高のバスタイム。
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
これは、文句なく美味いはず!あの「カルボナーラ」のスパゲッティをごはんに代えた、通称「めしボナーラ」なる料理が存在した。チャーハンのようでいて、さにあらず...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!