「宛先不明」のレポート提出がTwitterでバズを起こす

ある女子大学生(@Zoeyoxley)がTwitterに投稿した内容に、65万件以上のいいねがついています。

教授の名前を忘れてしまったのか理由は定かではありませんが、彼女は“Professor whats his nuts”とレポートに書いたまま、提出をしてしまったそう。「What’s His Nuts」というのは、誰かの名前を思い出せない時に使うスラング。つまり、“ナントカ教授”と記載したまま、教授のもとにレポートを送ってしまった……。やってしまった感がハンパないですね。

そして、彼女は礼儀正しく(?)教授に謝罪メールを送信。ここからもオモシロいのですが、教授は「何も問題ないよ」と回答しながら、Twitterのユーザー名を“Professor whats his nuts”に変更。ウィットがきいてます!

教授の神対応によって、多くの人に笑いを届ける出来事となりました。

Top image: © iStock.com/FORGEM
【2018年版】世界の珍事件まとめ
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
iOSにて「音声ツイート」が可能になったと、6月17日にTwitter社公式ブログにて発表された。1ツイート内で録音できるのは140秒間。文字では表せない...
Twitterが先日10日、記事を読んでからリツイートするようユーザーを促すテストをおこなっていることを発表。ユーザーが読んでない記事をリツイートしようと...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
「Twitter」は先月、メディアが意図的に誤解を招いていると判断した場合に「Manipulated media(操作されたメディア)」というタグをつける...
ニューヨークの地下鉄の車内で、突如カップルが卓球を開始!周囲の乗客はあ然……。その様子が映った動画がTwitterで話題に。
アメリカ時間の10月30日、米Twitterのジャック・ドーシーCEOは自身の公式アカウントにて「Twitterでは政治的な広告をすべて廃止する」とツイー...
11月下旬、米「Twitter」はアクティブに使用されていない「休眠アカウント」を削除する方針を発表。しかし、すぐに「撤回」を表明した。
「メルカリ」が、モノにまつわるストーリーを通じてモノの価値を伝えるべく「モノ×物語」をテーマにした短編小説を公式Twitterにて公開。
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
「今、テイクアウトができる飲食店」がわかり、事前決裁で取り置きができるサービス「QUIPPA(クイッパ)」が、今月24日まで日替わりの加盟店紹介をするTw...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
来たる6月19日はアメリカの「奴隷解放記念日」。米「Twitter」と「Squre」のCEOジャック・ドーシーは、「ジューンティーンス」と呼ばれるこの日を...
仕事をサボりたいと考えていた、Papa Boardslide(Twitterのアカウント名)さんはフォトショップを使って、自分のクルマのタイヤを“パンク”...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
4月7日、北米でコンドームや性具の販売をおこなっている「Trojan Brand Condoms」が、自宅待機中でフラストレーションのたまっている人に向け...
いま、日本の一部のTwitterユーザーが「#KimOhNo」というハッシュタグをつけて、自分が着ていたり持っていたりする着物の写真を投稿しています。中に...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
米「Twitter」は、1月初旬に世界最大の技術見本市「CES 2020」のイベントにて、嫌がらせ対策として、ツイートに返信できるアカウントを制限できる新...
7月9日、トルコに暮らすEnesさんが「未来の子どもたちのために、国家の日として植樹の日を制定しませんか?」とツイート。そして、現大統領レジェップ・タイイ...
SNSをニュースソースとして扱う人々が増えるなか、「ロイタージャーナリズム研究所」の「Digital News Report 2020」では、2021年、...