Twitterでバズった「あるカップルの別れ方」が痛快!

「ダラスの看護学校に通うHannahへ。タコス屋であなたの彼氏が何回も浮気していると話していたわ。あんな男サイテーよ、別れなさい」

これは男性に怒りを覚えた女性が、タコス屋で耳にした情報をもとにまったく面識のないHannahさんへと警告したツイート。だから、呼びかけ方がすごく曖昧になっているんですね。

いくら拡散されたとはいえ、このツイートが見られる可能性はあまり高くないし、“Hannah”は珍しい名前ではないから本人が自覚するかどうかも正直分かりません。だから、「無理じゃないか?」という声も多く上がっていたんですが……。

「アイツのこと、フッたわ。一応アップデートしておくわね」

なんとその次の日に浮気をされていたHannah LeBeauさんがツイートに気づき、彼氏と別れたとリプしたんです。これには多くの人が大盛り上がり。奇跡に近いですもんね。

Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。

Top image: © TABI LABO
教授の神対応によって、多くの人に笑いを届ける出来事となりました。
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
好きな子が遠くの町に引っ越してしまう。子どもの時に経験するお別れの中でも、甘酸っぱくていつまでも覚えている記憶です。お父さんの仕事の都合でカリフォルニアへ...
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「The North Face」が手を組み、キャンピングトレ...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
浮気者はパートナーに対して全く悪気がないのでしょうか?擁護するつもりではないけれど、やめたいと思ってもやめられない人もなかにはいるはず。今まで「浮気する恋...
ひと頃の不倫ブームを経て、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになった昨今。浮気実体験者から見出した、浮気男の特徴をこっそり伝授。
浮気をする人は、言葉巧みです。時に魅力的に見えてしまうこともあります。でも彼らの言葉は、絶対に信じてはいけないのです。「I Heart Intellige...
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
恋人に浮気されて散々な思いをしたと言う、作家のAlison Segelさんが、世の女性たちに向けて"やめた方がイイこと"を説いています。曰く、強くならなき...
「ぶりっこ」だって使いよう。というか、考えようなのかも。
パートナーの浮気を結婚式前夜に知ったCaseyさん。「Whimn」というサイトに自身の経験をコラムとしてまとめています。
アメリカの研究によれば、別れを告げるときは、必要最低限の優しさ、且つストレートに言うのが、相手を傷つけるリスクが低いそうです。ここでは、言うべき具体例を含...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
顔を見たことがない相手に恋をする。映画やドラマの世界ではあり得るシチュエーションでも、実際にはこの上なく非現実的。けれど、映画化されても不思議じゃない、イ...
すこしでも恋人に対して「ん?」って思うことがあるのなら、「Elite Daily」で掲載されていたパートナーに“浮気癖”があるかもしれない注意すべき4つの...
多くの人が共感して、彼女の投稿には約29万件のいいねがついています。
ロンドン大学の論文によると、「嘘をつくほど、罪悪感を感じない脳になっていく」ということが明らかになっています。今回の浮気よりも、次回の浮気レベルが同じ、も...
付き合っている人と喧嘩をすることは、必ずしも悪いことではない。ただ、そのやり方が間違っていると、別れがきてしまうようなマズイ事になるのだけれど。今よりもっ...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
「Yes Theory」というグループ名で活動するYouTuberたちが、注目の的になったジャスティン・ビーバーの写真が自分たちが仕掛けたイタズラだったと...