その解決方法、おかしくない?(笑)

人々の悩みをフォトショップで解決するのは、James Fridman。確かにリクエストに対して応えてはいるかもしれないれど、どこかズレている。悪ノリしている感じは、確信犯。テンポのいい漫才を見ているような気さえする。

ま、笑っちゃってください!

#1 
「子どもっぽさをなくしたい」
 

一気に老けたね。

#2
「プラスチック製のものを
  取り除いて」

取り除く部分が違うよ!

#3
「彼女の目を閉じるように」

確かに閉じてはいるけど、そうじゃないでしょ。

#4
「私の顔を彼氏より小さくして」

いじるのそっちじゃない。

#5
「私の彼をリッチにして」

どう考えても、名前の話ではないでしょうが。

#6
「一人ぼっちに見えないように」

♫ You Are Not Alone(君は一人じゃないよ)〜マイコー!そうじゃないって。

#7
「お尻を加えて」

そっちじゃない! ※Assは、「ロバ」のスラングの意。

#8
「私を白い服の女の子に
 向くようにして」

真ん中の女の子は、顔を向けたがってんでしょ。

#9
「プロポーズしている
 感じはヤメて」

その解決策、絶対に彼女は望んでないよ!

#10
「お父さんより背を高くして」

男の子、泣いちゃうよ。

#11
「コーヒーで一杯にして」

彼女が望んでるのは、グラスの中だけだから。

#12
「ガチョウと闘っている
  ようにして」

闘ってんじゃなく、完全に負けてるよね。

#13
「僕の顔をモデルに
  つけかえて」

その比率、間違ってるよ!

James、いい加減にしなさい(笑)!

彼のセンスとフォトショップの技術は見習うべき…なわけない!けど、彼のTwitterではここでは紹介できないほどたくさんの作品があるので、気になるならチェックしてみて。

あなたもJamesに解決してもらい写真があったら送ってみましょ。

Licensed material used with permission by James Fridman
他の記事を見る
教授の神対応によって、多くの人に笑いを届ける出来事となりました。
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
きれいなお庭とスヤスヤ眠る猫。それ自体はよく見かける光景ですが、なにやらサイズ感がおかしい…。よくよく見ると猫の形に刈られた木のようですが…Faceboo...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
グロい。グロ過ぎる。でも、精密に作り込まれてる分、かなりリアルに感じる。それにしても、悪趣味だと言わざるを得ない。で、ツッコミたくなる。「おい、どんな時に...
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
米・人気深夜番組「トゥナイト・ショー」の司会者ジミー・ファロンがTwitterで募集したのは、“なんであのときあんなことを言っちゃったんだろう…”と、自分...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...