今宵、あなたにとって「ミートボールスパ」が必要なワケ

“花金”あるいは“プレミアムフライデー”なんてものがあるように、金曜日の夜といったら、お休み前のちょっと特別な時間。この気分が高揚しちゃう毎週金曜の夜、隣人や友人たちを家に招いて、みんなでミートボール入りのスパゲッティを食べるという風習が、じわじわと世界に広がりつつあるのを知ってますか?

Let's Get Together !!
毎週金曜日の夜7時

この不思議な風習、ある一人の女性が発起人。

フィデラルフィア在住のSarah Greyさんは、フリーライター兼編集者。仕事の時以外は、なかなか人と接する機会がないのが悩みだったそうです。そんな彼女が夫のJoeさんと始めたのが、毎週金曜日の夜に隣人や友人たちを家に呼び、みんなでミートボールのスパゲティを食べるというイベント。

その名も「ミートボールフライデー」。

Sarahさんは毎週金曜日、4歳の娘であるLuciaちゃんと部屋を掃除し、ひいおばあさんからもらった中国製の食器を準備します。夫のJoeさんと一緒にパスタソースを作り、ホームパーティー用の洋服に着替え、ワインを2本、テーブルに置きます。

夜の7時を回ると、Grey家にはたくさんの友人たちが集まってきます。近所の人、古い友人、ネットを通じて知り合ったその日が初顔合わせの人まで。さまざまな人が同じ食卓を囲み、金曜日のミートボールを楽しむのが会の目的。

 

Sarahさんは2013年からこれを続けてきたと言います。自宅で働く孤独感を解消し、娘Luciaちゃんの楽しみを作るため、地域の人と積極的に関わっていこうという思いが、今では地域のコミュニティーとして機能しています。

週に一度のパーティーはSarahさんのストレスを消し、地域の人たちとの絆を深め、身近な人と政治的な議論に花を咲かせるとても良い機会になりました。

 

初めてミートボールフライデーを開催してから9ヶ月後、Sarahさんはフード関連ブログ&コミュニティサイト「Serious eats」にミートボールフライデーの記事を投稿。これがきっかけとなり、小さなパーティーはアメリカ全土へと広まることに。

フィデラルフィアはもちろん、ボストン、ネブラスカ、ニューヨークなど、全米の多くの家庭で、さらには世界中で密かなムーブメントとなりつつあるようですよ。

Sarahさんはミートボールフライデーを開催するに当たって、いくつかのアドバイスをブログに記しています。

まず、誰もが楽しく過ごせるメンバーを集めること。初対面の人との絆を深め、いろいろな視点の話を聞くことを目的にはしていますが、誰もが安心して過ごせる人選をするのが大切だと。

他にも、子供をたくさん招待すること。自分一人が準備するのではなく、みんなに料理を持ち寄ってもらうこと。難しい話を議論するタイミングは食事を楽しく食べ終わってから、など、パーティーを楽しく過ごすための秘訣がそこに。

今、コミュニケーションはどうしてもSNSやメールを通したものになりますが、ミートボールフライデーは今一度、人と直接会って、同じ場所で食事を楽しみ、議論を展開する楽しみを提供してくれます。パーティーに参加するメンバーはほとんど、スマートフォンを見ることなくおしゃべりに夢中になるとSarahさんは言います。

パーティーの参加者はほとんどスマホを見ることなく、おしゃべりに夢中になるとSarahさんは言います。コミュニケーションがどうしてもSNSやメールを通して簡易化されるなか、ミートボールフライデーがこれだけ広がりを見せているという事実。フェイストゥフェイスのコミュニケーションを少なからず求めている人がいることが伺いしれますね。

Licensed material used with permission by Sarah Grey
andmore
他の記事を見る
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
ある直線をいくつも組み合わせたドレス。一見プラスチックに見えなくもないですが、実はこれあのスパゲッティでできているのです。作品を手がけるのはフランス人のA...
夏になるとコンビニから姿を決してしまう「肉まん」ですが、ときどき無性に食べたくなりませんか?自分でつくるとなると一見むずかしそうですが、じつは簡単。材料も...
ボストン在住のあるネット民のつぶやきから、ツイートを二分するような論争を巻き起こしている「スパゲッティ問題」。もし、spagettiを1本だけフォークです...
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
ロンドンのショーディッチにあるバー「Ballie Ballerson」。ここのフロアはどこもかしこもボールだらけ。DJが流す音楽はそっちのけでボールと戯れ...
公共福祉のための寄付や、チャリティーの精神が浸透しているアメリカで、新たにこんなすてきなコミュニティサービスがスタートしました。もちろん、すべてが市民レベ...
ホテルやホステルを、ただ泊まるためだけの場所としてではなく、人を繋ぐコミュニティの中心として考えること自体は、決して新しくはない。そういった新しいコミュニ...
Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな...
結局のところ、幸せを得るためには何も壮大なことにチャレンジする必要なんてない。そう気付かせてくれたのが、「Becoming Minimalist」ライター...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
小高い山の上にログハウスを建てて、湖を見下ろしながらのんびり、そんな別荘暮らしに憧れているなら、フェザント山中湖。アウトドア好きにもファンが多いBESSの...
全英オープン(ウィンブルドン)で一流選手たちが使った、使用済みテニスボールから聞こえる、あの音。"ポシュンッ"。なんて贅沢なんでしょう。
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
「日本ミャンマー・カルチャーセンター」所長が語る、高田馬場・リトルヤンゴンの誕生の理由と歴史、そして未来。
エコビレッジなど、持続可能な暮らしを育むコミュニティでの宿泊・体験プログラムを提供する『NuMundo JAPAN(ニュームンド ジャパン)』が、日本初上...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...