「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」

公共福祉のための寄付や、チャリティーの精神が浸透しているアメリカで、新たにこんなすてきなコミュニティサービスがスタートしました。もちろん、すべてが市民レベル。

アーカンソー州の小さな町で始まった心温まる取り組みに、いま全米が注目しています。

必要とする誰かのために
“おすそ分け”を詰める小箱

C22bbc2026a8669b26f9e2240643503dc2ab1b04

アメリカのあるNPO団体が始めた「Little Free Libraries(小さな無料図書館)」が、大きなムーブメントとなった2016年5月。あのアイデアをそっくりそのまま引用し、生活用品や食料をシェアすることで、地元コミュニティで還元しあうシステムをつくった人物がいます。

小さな田舎町ファイエットビルで、「隣人を支え合うのは隣人」をモットーに、助け合いの小箱を始めたJessica Mcclardさん。あの無料図書館にインスパイアされたと言うように、ネーミングもそのまま「Little Free Pantry(小さな無料パントリー)」。

アイデアをかたちにするため、まずはクラウドファンディングで出資者を募り、250ドル(約25,000円)が彼女の元に集まりました。早速DIYして1つめの小箱が完成。Jessicaさんはそこに、自宅で余っていた洗面用品や手を付けずにいた食料品などを詰め、こう記したそうです。

Take What You Need , Leave What You Can.(欲しいものがある人はどうぞ取っていって。その代わり、いらなくなったものは誰かのために置いていきましょう)。

小さな子どもでも理解できる単純明快なコンセプト。これがLittle Free Pantryの精神です。そこに近隣の住民たちが賛同し、小さな町に次々と小箱が増えていきました。

Bcca5379fe32615b49e0544ba7bba0adbdb9cd175a4d6d52f17db166c5d893cbdfc9db7be02bad268466a5f1c3bf30787362d969353151de528a542389e7c7ed0abc4f8770b47b082e132ac58f7d448b6ceeed3fdec756470f00f18ea7955d35aa9d32e68ba706d057eb9e24f359ea6d33864c8347a1c5fdF16e2c7ed2fa45748af7acc90c4b38144e69ff5b

買ったものの、結局一度も封を開けなかった日用品、衣類、オムツ、さらには缶詰をはじめ飲料水まで。さながら本物のパントリーのようにあらゆるものが詰まった小箱。これがスッカラカンにならないっていうのが不思議。数は減れど、つねに誰かが何かを補充してくれる。もちろん、すべて必要とする誰かのために。

こう聞くと、どうしてもホームレス支援のように思いがちですが、必ずしも彼らだけに向けたLittle Free Pantryに非ず。お隣さんやご近所さんたちの物々交換の場として成立しているところに、この地域の人の良さがあるとJessicaさん。

持ちつ持たれつ、お互いを気にかけ、困った人がいれば地域のコミュニティみんなで助け合う。ネットを使えば簡単にドア・トゥー・ドアでなんでもモノが手に入る時代にあって、こうしたローカルのコミュニティが見直されつつあるのも、今の時代なればこそなんでしょうね。

広がり始めた
“おすそ分け”ネットワーク

ところで、小さな町から始まったやさしいおすそ分けの小箱は、遠く離れたバージニア州でも、誰かのために役立っているようです。

「KTVU.com」が伝えるところによれば、ワシントンD.Cに近いリーズバーグで、7歳の男の子が父親に作ってもらった小箱を自宅前に設置。近隣のホームレスのために食料や地域住民から集めた衣類を詰めて、管理を始めたとして取材陣が殺到。

「いらないものが集まって必要としている人に届くんだから、みんながハッピーになれるんだ。そうしてまた、誰かがものを補充してくれるでしょ、これがずっと続くんだから。みんなもマネして町中にできればいいと思わない?」。

と誇らしげにインタビューに応えるAlex Martinezくん。物々交換されていく自慢の小箱を、毎日覗くのがもっかの楽しみなんだそうですよ。

Reference:KTVU.com
Licensed material used with permission by Jessica McClard
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな...
フィラデルフィア在住の女性の発案でアメリカ全土へと広まった「ミートボールフライデー」。みんなでミートボール入りのスパゲッティを食べるという風習が、じわじわ...
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
自由に生きたいとは思いつつ、実際は難しいから…と諦めてはいませんか?じつは、ちょっとした習慣を変えるだけで自由は簡単に手に入れられるんです。01.手持ちの...
もう、ありきたりなランドリーはいらない。こう断言するのも、いま世界規模で洗濯をするための空間が、新たなコミュニティスペースへと変わろうとしているからです。...
恋人に求める条件……「やさしさ」。これ、アメリカでも似たような状況があるようで。以下に紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターCaitlyn ...
エコビレッジなど、持続可能な暮らしを育むコミュニティでの宿泊・体験プログラムを提供する『NuMundo JAPAN(ニュームンド ジャパン)』が、日本初上...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
ロサンゼルスの「Cuddle Sanctuary」は、ストレスの多い現代社会に癒しとつながりをもたらすサービスとしてハグイベントを実施。そこで、トレーニン...
URBAN RESEARCHが展開しているローカルコミュニティプロジェクト「JAPAN MADE PROJECT」。人気アパレルブランドが、なぜ地方でこの...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、...