キンモクセイ(金木犀)の剪定時期と方法

キンモクセイ(金木犀)は、小さなオレンジ色のかわいらしい花をたくさん咲かせ、比較的強めの甘い香りを放つことから、各家庭の庭で育てられる木の中でも、人気の樹木のひとつとなっています。生育環境が適しているところでは、キンモクセイの高さは10m以上にもなると言われており、適切な剪定が必要となります。キンモクセイの楽しみ方によって、剪定方法や適した剪定時期も異なりますので、それぞれのケースについて、具体的にご紹介していきましょう。

目的に合わせて
剪定時期を選ぶことが大切

キンモクセイは、比較的成長が早い品種で、適した環境におかれていれば、1年間で枝が約15cm伸びるので、各家庭では、一定の高さや形状を保つために、枝を切り落とす剪定作業が毎年必要となってきます。

キンモクセイは、春から夏にかけて生育した新しい枝に花をつける習性があることから、毎年、キンモクセイの可愛らしい小花や香りを楽しみたい方は、キンモクセイの花が終わる直後の10月頃から年内がお勧めです。また、花付きに影響しない年明けの2月か3月頃の時期を選んで、剪定作業をすることも問題ありません。

キンモクセイの花を楽しむことよりも、樹木の形を整えることや小さくすることを優先したい方は、寒さが厳しい真冬の時期をのぞけば、都合に合わせて自由に時期を選んで剪定をすることができます。

キンモクセイは、刈り込みに強い品種ですが、葉がほとんどなくなってしまうような大がかりな剪定を頻繁に実施すると、枝枯れをしてしまう可能性があります。理想の形になるように、毎年こまめに手入れをすることが大切です。

花を優先したい人
必見の剪定方法とは

orange-osmanthus-pruning2

キンモクセイは、三方向に分かれて枝が伸びていることが多く、剪定された部分から伸びた枝の下に花を付ける習性があります。

毎年、確実に花を咲かせたい場合には、三又に分かれて伸びる枝のうち、まずは、真ん中にある最も長い枝を、木バサミで付け根から切ります。残りの左右にある枝は、葉を2、3枚残して木バサミで切り落とします。

葉の付け根には、翌年に新たに伸びてくる芽がついているので、芽を残して芽よりも上を切るように注意しましょう。

剪定をする前に、翌年に残す芽の数をあらかじめ数えておき、開花時期の全体のバランスを想像しながら、切る枝を決めても構いません。

樹木の形状を優先したい人
必見の剪定方法とは

orange-osmanthus-pruning3

キンモクセイの形状を整えたい方は、刈り込みバサミで、希望する形に合うように、まずは大まかに切るところから始めます。

刈り込みバサミで切る位置は、葉が密集しているところで、理想の形状から飛び出している部分を優先して切り落としましょう。

基本的には、今年伸びてきた枝の中で、形状から見て不要な箇所を間引く作業となります。

もし、葉が一枚もない枝ができてしまい、目立って気になる場合には、その枝の芽が残っているところを見つけて、木バサミを使って、芽の上でもう一度切ることで、バランスがよくなります。

キンモクセイの生育が良く、大きくなりすぎたため、大幅に小さくしたいときには、3年~4年に1回程度の頻度で太い枝の部分を切り、大幅に枝を切りつめる「強剪定」を実施しましょう。「強剪定」の時期は、葉が焼けるほどの強い日差しがある夏場や、寒さをしのぐために葉が必要となる真冬は除きます。できれば、3月~4月頃がおすすめです。

どのような剪定の場合でも、最後の仕上げとして、飛び出ている枝が残っていれば、木バサミで切り落とし、形を整えます。さらに、樹木の内部に枯れている枝や、弱っている枝があれば、他の枝を傷つけないように、丁寧に取り除いてあげましょう。

キンモクセイ(金木犀)は、その優雅な香りから、「3香木」のひとつに数えられています。あなたも、可憐で香り豊かなキンモクセイがある暮らしを始めてみませんか?...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
おうちの中で植物を育てたり、ベランダやお庭で花や野菜を育てたりする時に、あったら便利だなと思うグッズを紹介している記事をまとめてみました。便利なだけじゃな...
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
白金のエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」代表の横町健さんに「注目のNEXT植物」を聞いた。
ネスレ日本は、キットカットのパッケージを来月から紙製に変更。その紙製パッケージで折り鶴をつくり、メッセージを書いて、想いを伝えたい人に届けようと推奨するキ...