キンモクセイ(金木犀)の剪定時期と方法

キンモクセイ(金木犀)は、小さなオレンジ色のかわいらしい花をたくさん咲かせ、比較的強めの甘い香りを放つことから、各家庭の庭で育てられる木の中でも、人気の樹木のひとつとなっています。生育環境が適しているところでは、キンモクセイの高さは10m以上にもなると言われており、適切な剪定が必要となります。キンモクセイの楽しみ方によって、剪定方法や適した剪定時期も異なりますので、それぞれのケースについて、具体的にご紹介していきましょう。

目的に合わせて
剪定時期を選ぶことが大切

キンモクセイは、比較的成長が早い品種で、適した環境におかれていれば、1年間で枝が約15cm伸びるので、各家庭では、一定の高さや形状を保つために、枝を切り落とす剪定作業が毎年必要となってきます。

キンモクセイは、春から夏にかけて生育した新しい枝に花をつける習性があることから、毎年、キンモクセイの可愛らしい小花や香りを楽しみたい方は、キンモクセイの花が終わる直後の10月頃から年内がお勧めです。また、花付きに影響しない年明けの2月か3月頃の時期を選んで、剪定作業をすることも問題ありません。

キンモクセイの花を楽しむことよりも、樹木の形を整えることや小さくすることを優先したい方は、寒さが厳しい真冬の時期をのぞけば、都合に合わせて自由に時期を選んで剪定をすることができます。

キンモクセイは、刈り込みに強い品種ですが、葉がほとんどなくなってしまうような大がかりな剪定を頻繁に実施すると、枝枯れをしてしまう可能性があります。理想の形になるように、毎年こまめに手入れをすることが大切です。

花を優先したい人
必見の剪定方法とは

orange-osmanthus-pruning2

キンモクセイは、三方向に分かれて枝が伸びていることが多く、剪定された部分から伸びた枝の下に花を付ける習性があります。

毎年、確実に花を咲かせたい場合には、三又に分かれて伸びる枝のうち、まずは、真ん中にある最も長い枝を、木バサミで付け根から切ります。残りの左右にある枝は、葉を2、3枚残して木バサミで切り落とします。

葉の付け根には、翌年に新たに伸びてくる芽がついているので、芽を残して芽よりも上を切るように注意しましょう。

剪定をする前に、翌年に残す芽の数をあらかじめ数えておき、開花時期の全体のバランスを想像しながら、切る枝を決めても構いません。

樹木の形状を優先したい人
必見の剪定方法とは

orange-osmanthus-pruning3

キンモクセイの形状を整えたい方は、刈り込みバサミで、希望する形に合うように、まずは大まかに切るところから始めます。

刈り込みバサミで切る位置は、葉が密集しているところで、理想の形状から飛び出している部分を優先して切り落としましょう。

基本的には、今年伸びてきた枝の中で、形状から見て不要な箇所を間引く作業となります。

もし、葉が一枚もない枝ができてしまい、目立って気になる場合には、その枝の芽が残っているところを見つけて、木バサミを使って、芽の上でもう一度切ることで、バランスがよくなります。

キンモクセイの生育が良く、大きくなりすぎたため、大幅に小さくしたいときには、3年~4年に1回程度の頻度で太い枝の部分を切り、大幅に枝を切りつめる「強剪定」を実施しましょう。「強剪定」の時期は、葉が焼けるほどの強い日差しがある夏場や、寒さをしのぐために葉が必要となる真冬は除きます。できれば、3月~4月頃がおすすめです。

どのような剪定の場合でも、最後の仕上げとして、飛び出ている枝が残っていれば、木バサミで切り落とし、形を整えます。さらに、樹木の内部に枯れている枝や、弱っている枝があれば、他の枝を傷つけないように、丁寧に取り除いてあげましょう。

キンモクセイ(金木犀)は、その優雅な香りから、「3香木」のひとつに数えられています。あなたも、可憐で香り豊かなキンモクセイがある暮らしを始めてみませんか?...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。ガーデニングのこと?いえいえ、違います。 「ケーキ」の話で...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
自然の風景の断片を切り抜き、鉢の中に閉じ込める盆栽。ハサミを手に、難しそうな顔つきで剪定する“年配者の趣味”くらいにしか思っていないかもしれませんが、近年...
「Re:planter」の屋号で活動する京都在住の植栽家・村瀬貴昭氏。鉢ではなく、電球に植えられた盆栽。彼が使われなくなったテレビやPC基盤、電球に植物を...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
「シンプル・イズ・ザ・ベスト」。世の中には素敵なデザインがたくさんあるけれど、色んなものを見れば見るほど、結局はベーシックなのが一番いいな、と原点に落ち着...
厚切りトーストの真ん中にのるバターのイメージというと、どうしてもアノ四角く切ったものをイメージするはず。ですが、このバターの切り方って、じつはめちゃくちゃ...
先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛け。
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...