書くだけじゃ終わらないエンピツ

この鉛筆、ただの鉛筆ではありません。
言うなれば、タネと仕掛けに満ちた鉛筆。

5403069965664256

毎日使って毎日削る。お気に入りの柄が短くなると、ちょっと寂しい気持ちに。そんな鉛筆も大人になると、どういうわけか使うのにちっと抵抗感が。削る手間は言うまでもなく、握りづらいサイズにまで短くなると、処理に困るのがどうしてもネックで。

けれど、そういった不便さを「楽しみ」に変えちゃって、大人気になったのがこの鉛筆「Sprout」です。

使い終わったら
「植えれば」いい

4795922114412544

どゆこと?
と思うかもしれないけど、まぁ見てください。こうやって鉛筆を使っていると徐々に短くなってきますよね。

4753456967450624

まだまだペンケースに入れて現役を続けるか、そうじゃないかの迷いどころ。こんな長さにまでなったとき……。

6021403253932032

芯を上に向けてお尻から土の中にズボッと刺す。

5915585460305920

するとすると、あら不思議。植物が元気に育ってくるんです。

消しゴムではなく、植物の種

本来ならば消しゴムが付いていそうなあのお尻の部分、そこに植物の種が仕込まれているなんて!

6265665291812864

※写真下のスケルトンタイプはまだ開発中のもの

というわけでこちら、鉛筆の先に種が仕込まれた「Sprout」という商品は、芯まですべて粘土や植物由来のセルロースなど、毒性のない天然製。当然カプセル部分も生分解性なので、土や水に触れて芽が出始めるというわけ。

4856034208251904

「鉛筆が短くなりすぎて書けない!」そんなとき、「無駄にしないためには……」と考えて開発に至りました。これをきっかけに、多くの人や企業に、身近な楽しみからエコについて考えて欲しいのです。

本体やパッケージには会社のロゴなどのアレンジもできますこの製品の環境への取り組みに共感を示されたディズニーやトヨタ、IKEA、コカ・コーラなど……様々な企業とコラボしてきました。

と、PR担当Stine Cristina Mynsterさん。

6583044316069888

色鉛筆バージョンもあるし、種もハーブやお花、野菜など、種類も豊富で選べる楽しみも。もちろん個人での購入もAmazonから可能です。

6040088240717824482516386237644851397653849702405352635506884608

鉛筆としての用途を終える前に、もうひとつの楽しみへとバトンタッチしてくれるというアイアデアステーショナリーでした。

Top photo: © Sprout
このビジュアル、いたずらではありません。使い終わったら、種の入ったカプセル部分を植えるとーー。野菜や花、ハーブが生えてくる“エコな鉛筆”「スプラウト・ペン...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
「pencil+」は、小学生の頃の自分に贈りたいカッコイイ鉛筆ホルダー。見た目もシンプルで、どんな場面にも合うデザイン。これを機に鉛筆派になってみるのもあ...
白・金・銀の3色がセットになった「雪色鉛筆」。それだけなら普通の色鉛筆。でもよく見て、ちょっと形が違う。
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
スマホを使ったメッセージのやり取りが当たり前になり、「書く」ということ自体が稀になった現代。学生ならともかく、社会人でペンを使う機会はほとんどないと言って...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。ガーデニングのこと?いえいえ、違います。 「ケーキ」の話で...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
イタリアの「Forever Pininfarina Cambiano」は、永遠に書くことができるインクレスペン。「永遠」の響きだけで、かなり興味がそそられ...
以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design St...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
「シンプル・イズ・ザ・ベスト」。世の中には素敵なデザインがたくさんあるけれど、色んなものを見れば見るほど、結局はベーシックなのが一番いいな、と原点に落ち着...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...