いろいろ変身する「進化系」飛び出す絵本

家族や恋人、友人に本好きの人はいませんか?プレゼンとして喜ばれそうな本、ありますよ。

その名も「This Book is a Planetarium」。

タイトルを直訳すると「この本はプラネタリウム」となるコレ、開けるとプラネタリウムや弦楽器、スピーカーを模した紙の模型が飛び出します。かなり趣向を凝らした中身となっていて、言うならば飛び出す絵本の進化系のようなもの。

例えば、プラネタリウムは暗闇の中でスマホの光をかざすと実際に天井に星座が映ったり、カレンダーは年や曜日が記された円形の土台を回すことで何十年先も使えるような作りになっています。

「おもしろい!」とハマった人が、本の紹介動画をYouTubeにアップしていたりもするので、“立ち読み”するノリで検索チェックしてみるのもあり。タイトルだけでも通販サイトのページがいくつかヒットしますよ。

©2019 This Book is a Planetarium
©2019 This Book is a Planetarium
©2019 This Book is a Planetarium
©2019 This Book is a Planetarium
Top image: © 2019 This Book is a Planetarium
他の記事を見る
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
南インド・チェンナイにある出版社「タラブックス」。『夜の木』は、日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語にも翻訳され、タラブ...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
近未来のスキンケアのあり方を象徴する「Neutrogena MaskiD」。これは、Johnson & Johnsonが発表した、3Dプリンターでフェイス...
ほんと、人は見た目によらないし、継続は力なりだし、好きこそ物の上手なれ、です。
家に帰ったらすぐにソファへ…そんな人も多いはずです。疲れたカラダを優しく癒してくれたり、ダラダラ過ごすのにも最適な「ソファ」ですが、じつはここまで進化して...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
世界有数の美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んでいたJuan Fontaniveは、「動きだけではなく、音が生きる」機械じかけのパラパラ絵本を発...
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
犬系男子が好き!という意見はよく耳にしますよね。ですが、犬系男子って実際どんな人?マメだよねという人も多く、彼氏にするにも最適に思えます。が、本当のところ...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!