いろいろ変身する「進化系」飛び出す絵本

家族や恋人、友人に本好きの人はいませんか?プレゼンとして喜ばれそうな本、ありますよ。

その名も「This Book is a Planetarium」。

タイトルを直訳すると「この本はプラネタリウム」となるコレ、開けるとプラネタリウムや弦楽器、スピーカーを模した紙の模型が飛び出します。かなり趣向を凝らした中身となっていて、言うならば飛び出す絵本の進化系のようなもの。

例えば、プラネタリウムは暗闇の中でスマホの光をかざすと実際に天井に星座が映ったり、カレンダーは年や曜日が記された円形の土台を回すことで何十年先も使えるような作りになっています。

「おもしろい!」とハマった人が、本の紹介動画をYouTubeにアップしていたりもするので、“立ち読み”するノリで検索チェックしてみるのもあり。タイトルだけでも通販サイトのページがいくつかヒットしますよ。

©2019 This Book is a Planetarium
©2019 This Book is a Planetarium
©2019 This Book is a Planetarium
©2019 This Book is a Planetarium
Top image: © 2019 This Book is a Planetarium
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事