ネズミ、犬、象、ビルから落下しても生き残るのは?

物理や生物などの理系科目が苦手でした。勉強しなおしてみようと、「Kurzgesagt」の動画を見ると、物理や生物の授業を改めて聞いてるだけではなく、いろんな生き物は、それぞれの世界で必死に生きているのだと、深いものを感じてしまいます。

のっけから、だいぶアリエナイ検証ですけど…。

ネズミと犬と象を高層ビルの上から落としたと仮定します。このとき、地上には安全のためのマットレスを重ねてあるとしての検証です。

ネズミはマットレスの上に着地し、ちょっとイラついてるかもしれません。だってビルから突き落とすなんて失礼だし。では犬の場合は。残念ですが、骨も内臓もぐちゃぐちゃになってそのまま死に至ります。そして象の場合は、マットレスなんて意味もないくらいに、破裂し、もう周りが赤く染まります。

物理学では大きさ(サイズ)は見過ごしてしまう大事な調節装置でもあります。大きさによって、私たちの構造、そして周りの世界の中で生きるか、死ぬのかを決める要素でもあるのです。

大きさが違えば
“生きる法則”も違う

ではなぜネズミが無事で、犬と象は助からなかったんでしょう?それは物理的法則が、それぞれの動物の大きさによって違うから。小さければ小さいほど、重力の脅威は少なく、落下しても死には至らないことが考えられます。

にしてもなぜ、小さい生き物ほど、落下しても無事なのでしょうか

例えば象の場合。彼らは大きすぎて、その質量に対して耐えられる表面面積が少ない。ここに生死を隔てる壁があります。

質量に対して運動エネルギーが多く、遅くならないのが理由。そのため、象は高層ビルから落ちると、自分に叩きつけられて、跡形ない惨状になってしまうのです。

また種類によっては、虫は表面面積が以上に大きくも質量は小さく、そのため、飛行機から落としたとしても地上に降り立って歩ける、というのが物理が示した答え。つまり昆虫たちにとって、高所はさして脅威にはなり得ないのです。

脅威と隣り合わせ
昆虫と水の関係

昆虫にとっての脅威は、水です

どのように脅かされているのか。水はへばりつく性質を持っています。そして透明に近い皮膚のような膜が張ってあるのです。私たちにとってその膜は、ほぼ気づかないようほどのものですが。

昆虫の場合、その膜が命取り。水の表面面積が強い力で吸引されてしまうのです。昆虫にとって、水は液体ノリのようなもので、もし水の内部に入ってしまえば、そのまま膜から逃れなくなって、溺れて死んでしまうのです。

そのため、昆虫は水をはじくように進化しました。例えば、昆虫の皮膚骨格の上にはっ水効果のあるワックスが塗られているようになっていたり、または、全身に産毛が生えるようになり、水を柵のようにブロックさせることも。

水への耐性のみならず、虫も環境に合わせた進化を遂げてきました。例えば、水の表面張力では破れないほどの小さい毛で覆われているため、水に潜ることのできる虫もいます。そして防水の毛を足に持つ、アメンボも水の上を歩けるように進化しましした。

それぞれのサイズによって、それぞれの世界が隣同士で存在しています。

このように、物理や生物の進化は、生命の大きさによって違うものであり、そしてそれぞれの大きさの世界で生きています。そして10億年と長い歳月をかけて、それぞれの生きる世界に合わせた法則により、進化をしていきました。

馬ほどの大きさのアリが存在しない理由、アメーバほど小さい象が存在しない理由はここにあるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Kurzgesgast
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...
地雷の恐怖から人々を救ってくれるのは、なんとネズミたち。バート・ウィートジェンス氏によって設立されたAPOPOは、アフリカオニネズミを訓練して地雷除去をす...
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
4月からの新生活にも慣れ、あんまり忙しいので、家のワンちゃんを眺めて「お前はいいな、毎日気楽で。」なんてつぶやきたくなる毎日。いっそその犬の生活、真似して...
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
今から紹介するビデオは、『Kurzgesagt』で紹介されたもの。それがものすごい反響で、たったの4日で330万回再生、すでにFBで10,000以上のシェ...
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。