「パンを編む」に込められた哲学

自分にとって、欠かせない存在とはなんだろう。気のおけない仲間と過ごす時間、お気に入りの詩集、大切な思い出の場所、忘れじの味……。挙げればキリがない。

彼女にとっては、たまたまそれがパンと刺繍だっただけ。

人生に「同じ日」など
ひとつもありはしない

© Terézia Krnáčová
© Terézia Krnáčová
© Terézia Krnáčová
© Terézia Krnáčová
© Terézia Krnáčová
© Terézia Krnáčová

人生は「食べること」と「芸術活動」である。

こう強調するのは、スロバキアのテキスタイルアーティストTeréziaKrnáčová。生きていくうえで彼女にとって欠かせないパーツを針と糸で編んでいくプロジェクト「Everyday Bread」は、その名の通りパンを編み込んだ作品だ。

クロスステッチにネッティング、刺繍はすべて異なる技法で施されている。カンパーニュかあるいはラントブロートか、どちらにしても崩れやすくもろいパンにひと針ひと針。繊細な作業に違いない。

でも、何のために?
なんて野暮な質問はしたくなかった。そこに意味なんて求めたくなかったから。

© Terézia Krnáčová

刺繍なしのスライスが
大切なことを教えてくれる

© Terézia Krnáčová

ところで、7枚のスライスは“一週間”を表しているそうだけど、そのなかに1枚だけ、まったく刺繍が施されていないパンがある。

「これは?」と、たずねてみた。

7枚目は“休日”を表現したという。

どんなに好きで没頭することであっても、週に一度くらいは手をとめ、ゆっくり俯瞰して自分を見るための日を設ける。なるほど、納得。好きなことをなが〜く続ける、その秘訣を聞いた気がした。

Top photo: © Terézia Krnáčová
Reference: Terézia Krnáčová
他の記事を見る
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
世界にはパンが好き過ぎて、偏愛を通り越し、パンへの変わった「愛情表現」を続けている人がいる。その名も「Bread Face」。パンに顔を乗せる動画をIns...
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
「日本でフランスパンが1番売れる日って、いつか知ってる?」という質問。答えは、ディナーにチキンやローストビーフを用意しちゃう昨日、今日。そのきっかけはDO...