世界中のネコラバーたちが、どうしても手に入れたい「たった一枚だけの刺繍入りシャツ」

シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かります。

人生がネコとともにある人。そんな世界中のネコラバーたちが、どうしても手に入れたいシャツがこちら。

ポケットからちょこんと
顔をのぞかせるリアルなネコ

ワンポイントというレベルではなく、一度見たらまぶたに焼き付いて離れないこのインパクト。いったい、なぜ胸ポケットにネコ!?なのかはさておき、淵にちょこんと顎を乗せ、物言いたげなリアルな表情に思わず、“ぐうかわ”と唸ってしまう人が続出。

じつはこれ、近づくと分かりますがプリントではなく刺繍によるもの。上目使いのつぶらな瞳から、眉間のシワや毛並みにいたるまで写真と見まごうほどのリアルさ。

息子に作った刺繍シャツが
海外で大反響!?

刺繍作家のhiroko kubotaさんは、もともと家族の洋服を縫ったり編んだりするのを趣味にしていた主婦さん。2013年、次男からのオーダーでポケットにネコの刺繍をあしらったシャツを製作しました。

納得の出来栄えに、その写真を画像共有サイトFlickrに投稿したところ、数日のうちに彼女のメール受信箱は、初めて見る外国からの宛名で埋め尽くされたそうです。

「最初ウイルスに感染したかと思った」というhirokoさんの反応も無理はありません。というのも、このシャツ(通称neko shirts)がメディアで紹介されるや、画像がまたたくまに拡散し、国内よりもむしろ海外で爆発的人気に。

「オーダーは受け付けてないの?」「恋人にプレゼントしたい」など、シャツを望む声が殺到。以来、できる範囲で注文を受け付けるようになったhirokoさん。一着3万5千円前後と、決して安くはない製作料でもこれまでに150着以上は作っているそうですよ。

我が家のネコを
モチーフにしたい

たとえばこちらの男性。hirokoさんにラブコールを送った一人、アメリカ人のJerry Coyneさん。ふたりのメールでのおかしなやり取りが、彼女の近著『neko shirts』に登場します。

なんでも、大学教授のJerryさんをその名前から当初、メグ・ライアンのような白衣を着た“若い女性の教授”と思い込んでしまったhirokoさん。ところが、やり取りを進めていくうちに、シャツの肩幅があまりにも大きかったことや、送られてきた写真に映るオジさまぶりにビックリ。

それでも、大好きな「Hiliちゃん」の刺繍が入ったシャツを心待ちにするJerryさんは、Hiliちゃんのベストショット10枚を3,000ピクセルもある大きなデータ画像で送ってきたそうです。待ち望んだシャツが手元に届くや、ご自慢の猫ちゃんと一緒に自身のブログに写真をアップしました。

自分の愛するネコが刺繍されたシャツを着る。日本の愛猫家でも、なかなかここまでする人は少ないかもしれませんが、海外のネコラバーたちはJerryさんのように、我が子が刺繍されたシャツを求める人が後を絶ちません。Hirokoさんのneko shirtsが海外でウケる理由も納得。

どんなネコでも忠実に再現
“ニャン”コレクション

それにしても、どの子もみないい表情してるでしょ?

もちろん、あなただけのneko shirtsだって注文可能。なんと現在、予約で2年待ち!と覚悟する必要はありますが、「Etsy」から受け付けています。

Licensed material used with permission by ShopGoGo5
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
きっと誰もが一着はもっている「シャツ」に関する素朴な疑問にお答えします。
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
180匹以上のネコと飼い主のポートレイトを撮影するBriAnne Wills。写真にうつるのは、見ているだけでも愛情を感じる女性たちと愛猫の姿。それぞれが...
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
イラレの操作スキルがあれば、なんでもリアルに再現できてしまうけれど、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えるアーティストがいる。
それが世に必要とされる商品かは分からない。けれど、そのアイデアや熱意に投資したいと思わせる。これもクラウドファンディングのいいところ。ギリギリではあるもの...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...
刺繍アーティストのDanielle Cloughが作品を編みこむキャンバスとして選んだのは、なんとビンテージ品のテニスラケット!ガットに糸を通してカラフル...
去る8月8日は、動物愛護団体・国際動物福祉基金が定めた「World Cat Day」、つまり世界猫の日。それにちなんで、Facebook社がネコ派とイヌ派...
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...