ネコ史上、最高にご主人の愛情を感じる「ブラシ」だニャン!

それが世に必要とされる商品かは分からない。けれど、そのアイデアや熱意に投資したいと思わせる。これもクラウドファンディングのいいところ。

ギリギリではあるものの、「Kickstarter」で見事に目標額をゲットしたこの商品がまさにそれ。一部のネコ偏愛者たちには、間違いなく開発者の情熱が届いたに違いありません!

ネコの気持ちになって開発した
「ペロペロ」ブラシがすごい!

彼の名前は、電気技師のJason O'Maraさん。決して怪しい者じゃありません。言うまでもなく、大の猫好きです。

「ネコを飼っていて、ペロンって舐めたくなったことあるだろ?それができるんだよ。しかも、毛玉も口の中に入らずにさ」

ネコを舐めるようにブラッシングしてあげたい。その一心で製作したのが「LICKI Brush」です。つまりはベロ(舌)の形をしたネコ用ブラシ。気持ち良さそうに尻尾をくねらせて、ネコもまんざらではない様子。

もう一度、決してJasonさんは怪しい者ではありません、多分。

最上のスキンシップは
互いを舐め合うこと(?)

そもそもネコという動物は、社交性を深めスキンシップを図る行動のひとつとして、ネコ同士でペロペロと舐め合うんだそう。それが、ペットとして人間社会で飼われるうちに、ペロペロによるスキンシップが減ってきてしまった。つまり、本当の意味でネコとコミュニケーションを取り合うことができていない。というようなことを、大げさにではなくJasonさんは考えていたようです。

こうして、LICKI Brushが誕生しました。もう、多くを語る必要はないでしょう。見たままですから。

いっぱいの愛情を
ベロで伝えるって…

ベロの部分は、敏感なネコの肌に優しく触れる高品質のシリコン製。写真でいう緑の部分、背面はマウスピースのように歯で噛んで固定する仕様に。

Jasonさん曰く、これを口にくわえたらあとはそーっ、とネコに近づいていき、ネコの目線に合わせて、首を上げ下げして優しくブラッシングするだけ。本当に大丈夫?ネコだってびっくりして、引っ掻かれたりしない?

彼の気持ちが痛いほどよく理解できるという人。今なら15ドル(約1,630円)以上の出資で、1つブラシが手に入るようです。口にあてがい、思う存分に愛ネコをペロペロしてあげてください。

Licensed material used with permission by PDX Pet Design LLC
他の記事を見る
180匹以上のネコと飼い主のポートレイトを撮影するBriAnne Wills。写真にうつるのは、見ているだけでも愛情を感じる女性たちと愛猫の姿。それぞれが...
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
ネコって可愛くて、ふわふわで、たまにびっくりするような珍行動をしたりして・・・あぁ~!たまらなく癒される!そんなネコファンのみなさんに嬉しいお知らせ。実は...
永遠のライバル、イヌ派とネコ派。飼っていない人にとっては「そんなに違うの?」と思うかもしれませんが、全然違うんです!そんな気持ちを代弁してくれるのが、モス...
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
家に愛してやまないネコがいるのなら、Lisa SwerlingさんとRalph Lazarさんによる「SIGNS THAT YOU'RE A CRAZY ...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
去る8月8日は、動物愛護団体・国際動物福祉基金が定めた「World Cat Day」、つまり世界猫の日。それにちなんで、Facebook社がネコ派とイヌ派...
いつも私たちのそばに寄り添って、癒しを与えてくれるワンちゃん。単なるペットではなく、家族の一員のように大切に思っている方も少なくないでしょう。実は私たちが...
三度のメシよりネコが好き―。そんな愛猫家のみなさま、お待たせしました。今回は、クロネコが小さな箱を組み立てるという、シュールでありながらも“やっぱり”カワ...
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第8弾です。
右目と左目の色が異なる、いわゆる「オッドアイ」のネコはときどき話題になりますが、ロシアに住む「アイリス」と「アビス」は、なんと双子の姉妹で同じ特徴を持って...
一連の写真は『The Beauty of Blind Cat』と題名のついた写真集から抜粋したものです。登場するネコたちは、片目をなかには両目の視力を、あ...
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
「愛」と「愛情」の正体を、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。今回は、第3弾です。
「2日間、排気口の中から子ネコのような鳴き声が聞こえる」そう思ったレストラン従業員は、NPO団体、Animal Aid Unlimited Indiaに助...