ニャン問正解できる?ネコとヒトの「神経衰弱」

もし自分をペットに例えるなら、どんな種類が思い浮かぶだろうか。感情表現豊かな犬、目の前のことに熱中するハムスター、それとも、気まぐれでツンデレな猫?

きっと猫かも……と感じたあなたへ。

イギリス人写真家Gerrard Gethings氏が、猫とそっくりさんの比較ショット50枚分で作った神経衰弱「Do You Look Like Your Cat?」をご紹介!

©︎gezgethings / Instagram

©︎gezgethings / Instagram

©︎gezgethings / Instagram

たとえば下のペア。印象的な白ひげ、まんまるの目、ふっくらとした頬など、まるで生写しのような1人と1匹だが……飼い主とその猫というわけではないことに驚きだ。

©︎gezgethings / Instagram

Gethings氏によると、猫の顔つき模様ポーズに応じて、そっくりさんを探してくる作業には苦戦したようだが、それよりも骨が折れたのが、猫の撮影。

以前このゲームの犬バージョンを制作した際、喜んでスタジオにやってきた犬とは対照的に、まずは猫の飼い主の自宅まで出向く必要があった。

そこでおやつをあげたり、おもちゃでおだてたりしても、なかなかベッドの下から出てこようとしない猫たち。機材や照明を設置しているときには近くで見にくるのに、いざカメラを取り出した途端、どこかに隠れて戻ってこないことが何度もあったのだとか。

まさにお猫様炸裂である。「The Guardian」の取材に、なかでも最難関だったと語るのが、こちらのペアだ。

「この猫はとても落ち着いているように見えますが、最初の1時間は家具の下に隠れていました。この写真は、おそらく唯一にして最高の一枚です。レーザーポインターや数種類のおもちゃなど、あの手この手を尽くしてご機嫌をとりました」

©︎gezgethings / Instagram

残念ながら、商品を取り扱うオンラインストアでは国際配送を休止中。でもこれ、眺めているだけでもオモシロい。ここで紹介した以外にもさまざまなペアを見られる、Gethings氏のInstagramをチェックしてみて!

Top image: © 2020 Gerrard gethings
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事