失明したネコたちの「生きる光」を撮影しつづけるフォトグラファー

一連の写真は『The Beauty of Blind Cat』と題名のついた写真集から抜粋したものです。登場するネコたちは、片目をなかには両目の視力を、あるいは眼球そのものを失った子。

9250fe6e72b594e8bf34ee0e6c60232eb2cffdcaCa1306c9148e8f093d48ea8bf96d4e7acb9494aa1eafea4253783c4e6e53348a30ba1f8955f77b25B2a326b7da7983b935a89f06e316775d20e52679842eab2e90a9928f87357b2a03d4bcdd375cd43fE74eb9df052919ced3ceaff5d0e019e4a1f5a3e990856b6014767938ec469c648d95a4dae98d72a1C535bafa8337edfeac8bf8eb0fafc7e649462dde15d6447737f9961177fb3e26618354aedb64650266425ed885ecdcf2b2abf38f36af61c84b10b7b7

カメラマンCasey Elise Christopherさんは、キャットレスキュー団体「Milo's Sanctuary 」協力のもと、光を失ったネコたちの撮影を続けてきました。同施設は、おもに生まれつき身体に障害を持っていたり、病気や老齢で自由に動けないネコたちを、率先して保護することに力を入れている団体です。

ほかに引き取り手がなく、ここに集まってくるのが写真のようなネコたち。なかには、虐待によって傷つき目が見えなくなった子もいます。数ヶ月前、Caseyさんが里親となったThomasも頭から浴びた硫酸により、顔半分がただれ片目を失った子でした。

彼女はThomasやこれらのネコたちの写真を通して訴えます。障害をもつネコたちの里親希望は少なく、多くの保護施設では手を焼いている。結果、彼らから優先的に安楽死させられるという現実がある、と。

熱心に保護、里親探しにと活動を続けるMilo'sのような団体に対し、「Go Fund Me」での支援を呼びかけるCaseyさん。

「人間同様どんなネコにだって、等しく第2の人生のチャンスが開かれるべき」。その目は見えなくとも正面をじっと見つめる彼らの表情からは、にじみ出る個性を感じるはず。

いま、これらのネコたちを積極的に紹介する米メディアも増えてきました。メディアに流布するネコ画像に、Caseyさんの作品が加わる。そこにもひとつ大きな意味があるような気がしませんか。

Licensed material used with permission by Casey Christopher, @ImogenTheKitten
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
180匹以上のネコと飼い主のポートレイトを撮影するBriAnne Wills。写真にうつるのは、見ているだけでも愛情を感じる女性たちと愛猫の姿。それぞれが...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
去る8月8日は、動物愛護団体・国際動物福祉基金が定めた「World Cat Day」、つまり世界猫の日。それにちなんで、Facebook社がネコ派とイヌ派...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
Shannon Johnstoneは、犬たちのポートレイトを撮影して里親を探す。これまでに、殺処分されてゴミ埋立地に埋葬される予定だった158匹の尊い命が...
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
家に愛してやまないネコがいるのなら、Lisa SwerlingさんとRalph Lazarさんによる「SIGNS THAT YOU'RE A CRAZY ...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
「頑張って生きたい。キャシディーがそう願ったから、みんなで助けることにしたんだ」生まれて間もなく、事故で後ろ足を両方とも失うこととなった野良猫のキャシディ...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
それが世に必要とされる商品かは分からない。けれど、そのアイデアや熱意に投資したいと思わせる。これもクラウドファンディングのいいところ。ギリギリではあるもの...
「2日間、排気口の中から子ネコのような鳴き声が聞こえる」そう思ったレストラン従業員は、NPO団体、Animal Aid Unlimited Indiaに助...
雨の日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
画像投稿サイト「Imgur」にアップされた、子ネコの画像が話題になっています。とある雨の日。フランス在住のKlaanさんが、道を歩いていると…へその緒がつ...