愛犬ハンナの安楽死を決断した家族「最期の一日」の記録に涙が止まらない

主人公の老犬ハンナは、最期の最期で家族とともに「最高の一日」を迎えることができました。愛するペットが最晩年を迎えたとき、この家族と同じように、誰にも苦渋の選択を迫られる瞬間があるはずです。愛するペットとの向き合い方を、いま一度考えるきっかけになりますように。

赤いバンダナを巻いて写真に写る老犬ハンナは、ここ数ヶ月ほど突然の発作を起こし、症状は次第に悪化していきました。発作の原因は腎臓の病気やひざ、腰痛のために服用していた薬。

この薬を飲まなければ発作は治まる。けれど、薬を飲まないと激痛のため歩くことも、階段を登ることもままならない。次第に衰弱していく彼女を日々励まし続けた飼い主も「これ以上打つ手なし」、と頭を抱えていたそうです。

このままハンナへの投薬を続けることは飼い主の自分勝手、けれど薬を止めることは残酷すぎて耐えられない…。こうして、悩み抜いた家族は苦渋の選択を決断しました。

これでハンナは発作からも、痛みからも、夜泣きからも解放されるでしょう。あとは穏やかで愛に溢れた未来が彼女とともにあるように」。

以下は、飼い主の女性がハンナとの最期の一日をSnapchatで綴ったもの。

愛犬ハンナ最期の一日

ハンナがそのことを自分で理解しているのかどうか分からない。

けれど、いつも彼女は私たちの選択を信じてくれた。たとえそれが、どんなにつらく厳しい決断だったとしても。

だって、もう疲れちゃったんだよね。

階段を登ることもできないし、坂道はきっと山登りのように感じるんだろうな。もうこれ以上薬は効かないの。

苦渋の選択だった。だけど、やっぱり私たちにしか決断できないこと。

せめて、最期の一日だけは、最高の思い出をひとつでも多く残そう。

アロマセラピーは、とってもアナタをリラックスさせることができた。匂いもグンと良くなったよ。

♡のカラーもチャーミングだったよ。

新しいバンダナとってもよく似合ってた。

“最後の晩餐”は大好物のマクドナルド。

食べっぷりはいつもと何も変わらなかったよ。本当に好きだったんだね。

お年寄り仲間と、これが最後のじゃれあいっこ。

でも…、つくり笑いすらできなかった。本当に大好きだったから。

家族ひとり一人、最後のお別れ。

穏やかに過ごす、家での最後の時間。いつもの場所で。

きれいに爪のお手入れ。ネイルも塗ってあげたよね。

ハンナは私のすべてだった。

そして…ママのひざで抱かれながら向かった動物病院。

今まで本当にありがとう、ハンナ──。

こうしてハンナを看取った女性は、ともに過ごした最期の一日の記録(Snapchat)をImgurに投稿しました。この家族が下した決断が、「尊いものである」とか「誤った判断だ」と、ここで問うことは違う気がします。もしかしたら、数年前の我が家の決断を、否定したくない想いがあるのかもしれません。

犬とはなんと多くの喜びを人間に与えてくれるのでしょう。でも、きっと同じだけ彼らも私たちから多くの愛情を感じてくれている。だからこそ、私たちは彼らを「家族」と呼ぶんでしょうね。

Licensed material used with permission by ExtremeVaginalSprayer
家族の一員でもある、大切なペット。しかしどんなに愛していても、人間とは違う時を生きている彼らとは、いずれお別れのときが来てしまうものです。Mark Woo...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
心温まる動画をご紹介。
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
Shannon Johnstoneは、犬たちのポートレイトを撮影して里親を探す。これまでに、殺処分されてゴミ埋立地に埋葬される予定だった158匹の尊い命が...
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
私たち人間にとって、愛着が湧くのは自然なこと。愛する人は自分の一部であり、人生を過ごすうえでとても大切な存在になった誰か、もしくは、何かがいなくなってしま...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
誰からも愛される幸せそうな姿。でも、実は生後2ヶ月の時に捨てられた悲しい過去を持っているんです。当時は、シェルターで安楽死させる予定でしたが、動物たちを保...
ラブラドール・レトリバーは、数多い犬種の中でも知能が高い犬。人間が思っている以上に表情や言葉から状況を理解し、心にそっと寄りそってくれます。アメリカ・アイ...