「自分だけの地球」がつくれるパズル

いくつものピースをはめて、ひとつの絵を作り上げていくパズル。そのワクワク感は、大人になった今でも好き!という人、決して少なくないのではないでしょうか。

そんな人のために紹介したいのが「earth puzzle(地球パズル)」。各ピースをハメていく専用のボードはなく、北や南といった方角を気にせず自由に「自分だけの地球」をつくり上げることができます。

通常のピースに加え、16種類の動物の形をしたピースもあり、ペンギンやイルカ、象などそれぞれ生息地ごとにハマるようになっています。例えば、オーストラリア大陸にはカンガルーのピース、といった具合に。日本列島にハマるのはどれでしょう!?

一箱120ドルと値段は若干高め。ですが、寒い日に部屋にこもって遊んだら楽しそうです。

Top image: © Nervous System
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
「Mostoles Balompie」というスペインのサッカークラブが「Flat Earth FC」に改名しました。日本語にすれば、「地球平面FC」ってと...
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
このまままっすぐ地面を掘ったら、地球の裏側までたどり着けるんじゃないか?子供時代には、そんな純粋な疑問があったはず。WEBサイト「Antipodes」は緯...
『Codex Silenda 』は、機械仕掛けのパズルが解けない限り、次のページに進めない仕組みの本!様々なヒントを頼りに扉を開いていく体験には、理解と実...
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
「朝渋イベント」が、2019年12月16日(月)〜20日(金)の5日間連続で「朝渋week」を実施。べストセラー作家や経営者などゲスト陣が早起きのバトンを...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
メンバーが1,000人いるバンドって!?
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
この文字の配列の中に「DIFFICULT」という単語が隠れているよ。さあ、見つけてみよう!この手の文字パズルって、閃めきが降りてくるかこないか、じゃないか...
世界13ヵ国で翻訳されたリトアニアの人気絵本「カケ・マケちゃんとかたづけエルフ」が日本上陸!「楽しくしつけを学べる絵本」として世界中で高い人気を誇る作品が...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Tennisの『Runner』です。
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
気球は空を高く飛ぶもの。そんな固定概念を覆すある試みがクロアチアで行われ、話題になっている。その名も、「地球内部への旅」。史上初めて、熱気球が洞窟の中に入...
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。