「自分だけの地球」がつくれるパズル

いくつものピースをはめて、ひとつの絵を作り上げていくパズル。そのワクワク感は、大人になった今でも好き!という人、決して少なくないのではないでしょうか。

そんな人のために紹介したいのが「earth puzzle(地球パズル)」。各ピースをハメていく専用のボードはなく、北や南といった方角を気にせず自由に「自分だけの地球」をつくり上げることができます。

通常のピースに加え、16種類の動物の形をしたピースもあり、ペンギンやイルカ、象などそれぞれ生息地ごとにハマるようになっています。例えば、オーストラリア大陸にはカンガルーのピース、といった具合に。日本列島にハマるのはどれでしょう!?

一箱120ドルと値段は若干高め。ですが、寒い日に部屋にこもって遊んだら楽しそうです。

Top image: © Nervous System
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「NASA」の人工衛星画像をもとにした極めて精巧な天体モデルを発表してきた「AstroReality」が作った、地球儀型知的パズル「AstroRealit...
おうちで過ごす時間が増えそうな今年のお正月休み用に、ちょっと難易度は高め、かつインテリアとして飾っても素敵なデザインの「パズル」を5つ紹介。一人で黙々と楽...
英Amazonで、まったく絵柄が描かれていない1000ピースのジグソーパズルが発売中。ミニサイズのピースで構成された大きさ42cm×30cmの超高難度パズ...
論理的な思考で解き明かすストーリー仕立ての難解なパズル「Clue box」が、クラウドファンディングサイト「kibidango」に登場。2人がかりでも1時...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
金属の精密加工メーカーが、極限に難しいパズルを製作。その難しさは一見しただけではわからないが、「裏表が鏡面加工のため、パズルの表裏がわからない」、「ピース...
見た目は超シンプル。しかし、その正体は......超難解。そんな世界中のパズルマニアをうならせる不思議な「マジックパズル」が日本に上陸した。
アメリカ空軍が、120万ピースで構成された世界最大級のバーチャルパズルを製作!2016年オープン直後に「国立アメリカ空軍博物館」の内部を撮影した1.03ギ...
オーストラリアを拠点に活動するスタジオ「yelldesign」から3種類のユニークなクリアパズルが発売。「ウイルス」「水槽」「窓ガラス」をモチーフにした、...
イギリスの「イケア」が地球のために、そして自分の心の健康のためにも、 “frugal(質素)”に過ごすことを訴えたCMがこちら。
AIライティングレコーダー「VOITER」は、最大集音距離10mの2つのマイクと、360度から集音できる6つのマイクを搭載し正確な録音を実現。またネットワ...
コロナに梅雨に、地球でのストレスはつきない……。そんな「地球疲れ」を感じているあなたに、宇宙からの癒やし映像を紹介。
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
宇宙飛行士たちが撮り溜めた何千枚もの写真のなかから2020年のベスト20をセレクト。日の出や夜景などさまざまな写真が選ばれた。
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
「Mostoles Balompie」というスペインのサッカークラブが「Flat Earth FC」に改名しました。日本語にすれば、「地球平面FC」ってと...
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
9月2日、「ハワイ地球物理学・惑星科学研究所」が月の高緯度帯で赤鉄鉱を発見したと発表。
「Kodak」より、5万1300ピースからなる超巨大ジグソーパズルが登場。セットには、世界各地の写真がプリントされた1900ピースのパズルが27個入ってお...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
地球の自転速度を監視している科学者たちは、2020年の地球の自転速度に加速の兆候がみられ、2019年よりも早く終わっていたことを報告。それだけでなく、19...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
『Codex Silenda 』は、機械仕掛けのパズルが解けない限り、次のページに進めない仕組みの本!様々なヒントを頼りに扉を開いていく体験には、理解と実...
10月10日(土)、創作天むすび専門店「食房 和錆」が吉祥寺にオープン。プロデュースするのは書道家の武田双雲氏が結成した「TEAM地球」。
オーストラリアの「シドニー大学」をはじめとする研究チームが4年かけて完成させた、10億年にわたる“地球のプレート”の完全モデルがこちら。
バーチャル地球儀アプリ「Google Earth」が、先日16日にアップデート。同社曰く「2017年以来最大」という今回のアップデートには、注目の機能「G...
10月23日、「オレオ」が地球滅亡に備えて、ノルウェー領スヴァールバル諸島に貯蔵庫を建設するというモキュメンタリー動画を公開した。
世界中にファンを持つ雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』は4月22日のアースデイを記念して、表紙がAR仕様の特別号を刊行した。インスタグラムを通して体験で...
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...