9億円の値がついたこの絵、作者は一体?

子供の創造力って本当にスゴくって、日々何かを描いたり作ったりして、そしてそれがどんどん上手になっていったりして、ママパパを驚かせてくれます。

しかし、我々保護者がすべからく直面するのが、作ったものをどうするか問題。処分するのは忍びないし、かといって全部保管しておくスペースもないし…。

例に漏れずこの難題に直面していた、現在6歳のご子息を持つアートディレクター/プランナーの佐藤ねじさんは、ユニークな発想と手段でひとつの解決策を導き出しました。それが、「5歳児が値段を決める美術館」です。

アートとして販売しちゃえ!

Bc40e534fb47481357ac68bd04b1592f56a83c54

掲載/販売されているのは、ねじさんのご子息が4~5歳の間に作った“作品”の数々。

折り紙でつくった恐竜や動物、割り箸とゴムの剣、コップでつくったタコ、そしてたくさんのイラストがズラリ。

96ff3bf4854a019cd0607830583a005e719101be512febf1e95b0bf6a9c48a7b7bd2596a02d870e1

作品にはタイトルと値段、コメントが添えられていて、152円と手軽なものから1億円、中には「3千ジジイ円」「不可説不可説転円」「進撃のき持ち悪る胃ミズダコ円」といった意味不明のものも…(「なくした/こわれた」ので販売不可も混じってます・笑)。

そう、サイト名どおり作品の値段はすべてお子さんによるもので、トップの絵の「9億7万8千円」というプライスも彼自身が値付けたものなのです(それだけ彼にとっては価値がある、ということかな?)。

5歳児、ただいま値付け中!

実際にお父さんのねじさんと会話しながら、値付けをしたりコメントをつけたりしている動画がこちら。

「息子シリーズ」の第4弾

この「5歳児が値段を決める美術館」は、佐藤さんの私的プロジェクトである「息子シリーズ」の第4作目にあたるもの。お子さんの成長を記録するように、それぞれの年で1作品ずつ制作されてきました。

例えばお子さんが3歳の時には、「世界最年少の写真家」としてiPhoneで撮影した写真を公開。無料の写真素材サイトと銘打ってはいますが、子どもの目線で日常を捉えられた写真を見ていると、なんだか胸のあたりがジ〜ン…。

0241751d3cdec17432dada15d8efc1e46ddbc750

このプロジェクトを通じて個人的に感心したのは、子どもの常識ばなれした発想を一切否定せず、同じ目線で一緒にものづくりをするねじさんのスタンス。こんなふうに愛情と余裕をもって、自由でファンタジックな創造力を育んでいってあげられるといいなあと、同じく子育て中のパパとして強く思った次第。

これから7歳、8歳、9歳と成長していくお子さんがどんな作品を作り出していくのか、そしてねじさんがそれをどうアウトプットしていくのか――。親子二人三脚のものづくりを楽しみに見守っていけたらと思います。

フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
数年前、1982年にゴーギャンが描いた油絵『いつ結婚するの』に、3億ドル(当時のレートで約355億円)の高値がついて世間の注目を集めました。興味がない人か...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
“大人がハマる”とめっぽう評判の、ニューヨーク生まれの知育玩具「littleBits」。そのリトルビッツに新たに「DROID INVENTOR KIT」な...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
「skillshare」が監修した、世界の人々のさまざまな平均値を「AsapSCIENCE」が動画で紹介しています。自分は平均的?それとも、それ以上?
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...