シンプルデザインな名刺を追求したら、「白紙」になりました。

カナダのアーティスト、Dorotaさんが作った新しい名刺をご覧あれ。なんと全くの白紙!クリエイティブな名刺を作るのが趣味のひとつだという彼女は、今回の作品についても「できる限りシンプルな名刺を作ろうと思ったの」と語っている。

そうは言ったって、名前も何もないんじゃ名刺じゃなくない?

当然、ちゃんと情報が隠されている。後ろから光に透かしてみると…

このように文字が浮かび上がるお茶目な仕組み。でもここで「へぇ、可愛い」では終わらないのがミソ。

簡単につくれる
3ステップのお手軽DIY

さぁここからがお楽しみ。作り方を紹介しよう。実は家でも作れちゃうじゃないかってくらいDIY向きなのが、この名刺のいちばん良いところなのだから。

01.
ステンシルシートで文字をくり抜く

まず入れたい文字をステンシルシートで切り抜いていく。切り抜かれた状態のものは100円ショップでも買えるし、もちろん自分でカットしても◎。

02.
名刺大の厚紙に設置

シートが用意できたら、光に透けるくらいの薄さの名刺大の白い厚紙にそれを貼り付ける。好きな色で作るのも楽しいけど、文字が透けやすいよう、なるべく明るい色で無地のものの方がいいかもしれない。

03.
この上にもう1枚貼り付けて、完成!

上の画像のようなカタチになったら、光に透ける名刺大の用紙をもう一枚上から貼り付けて出来上がり。

切り絵を挟んだら絵も浮かび上がるだろうし、いろんな工夫ができる予感。

名刺として普段使いするほど量産するのはさすがに大変だけれど、バースデーカードやサプライズの手紙の肝心なメッセージだけを伏せたりすると喜ばれそう。

あぶり出しや水に濡らすより手間もなく、ずっとそのまま取っておけるのも嬉しいかも。気軽にDIYに取り組んでみたい人はぜひやってみては?

Licensed material used with permission by Dorota Pankowska
フェイクレザーを折りたたんで、2辺を縫い合わせただけ。それだけなのに、ちゃんと上品なルックス。約30枚の名刺やカードが収納できるという容量も十分だし、出し...
「KEEP SMART」は、わずか0.2mmという薄〜いステンレス銅板を使った名刺ケース。ただ曲げた金属板に名刺を挟みこむという、めちゃくちゃ単純な構造で...
東京都あきる野市にスタジオを構えるBird Design Letterpress。市倉郁倫さんと淑子さんご夫婦が立ち上げた活版印刷ブランドです。元々お二人...
蔵前に店舗を構える革小物ブランド〈Alt81〉の名刺入れ。厚みのある革、正面から見た時のフタの部分カーブ、あえて外から見えないところに刻印されたブランドネ...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
時として「オー、ジャパニーズ・スタイル!」とも揶揄されがちな、名刺交換。外国人から見ると一風変わったこの儀式も、日本のビジネスシーンにおいてはとっても大切...
「外見はシンプルかもしれないけど、小さなディテールまですごく考えて作り上げたんだ。そして、パーフェクトな形と機能になったのがコレだよ」シンプルな物こそ、完...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
「pencil+」は、小学生の頃の自分に贈りたいカッコイイ鉛筆ホルダー。見た目もシンプルで、どんな場面にも合うデザイン。これを機に鉛筆派になってみるのもあ...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
IKEAがコペンハーゲンに作ったイノベーション・ラボ「SPACE10」が、いま注目を集めています。世界中の若きクリエイターたちが集まるこのラボでは、未来の...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む新しい漬物瓶「Picklestone」が話題になってい...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物...
活版印刷というと、なんだか「昔の技術」という印象がありませんか?実は、伝統的な活版印刷技術も進化を遂げているんです。アメリカでは2000年代前半からレター...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...