名刺サイズのスマホ「Ophone」が気になる!

スマホに付いているであろう機能を、ごっそりとカットしたモバイルがコレ。まずはその見た目を確認してみましょう。

Ab1889e97ea95d3477195e6a099c7786354a9862Baeecf8a7af1dd64a9d87a5efcd4fbd2a437a661

Kindleと同じe-inkスクリーンでできており、白と黒しか表示されないため、画面に写るのは数字と文字とアイコンだけ。

そのお陰でバックライトを灯さずとも表示が見やすくなっており、消費電力を最小限に抑えられるカラクリ。モノクロの見た目はかわいいですよね。

あらゆる機能をカット!

3555123447c6abbb4c6168d3407ab1feb4c50f9b

側面にあるのは、充電用のマイクロUSBポートのみ。イヤホンジャックもありません。

87743790b8a5bcf92ff550d4a3041dbf42709dc0

極めつけにインターネットも使えません。アプリが使えないどころか、打てるのは番号のみ。メールは読むだけ。文字さえ打てないなんて攻めてますよね。

つまり、この「O phone」は、電話機能だけに特化した…、言わば「新生ガラパゴス携帯」なのです。3Dプリンターによって安価に量産可能で、サイズがいい感じ。

328258d732e0956224f531700f9bf85cb0712f4199c79345b4f0a58745cfbb85b828cebc580708f30baa6edbbce6aadc021704f3aa9d5aac112abac1

考案したのは、セルビアのデザインオフィス「Alter Ego Architects」。「Dezeen」にはこんなコメントが。

「多くの人は、1日のうち平均3時間もスマホを眺めています。これは1週間のうちほぼ丸一日を携帯電話のために費やしている計算になります。より生産的になるために、より多くのものを見ようとしています。でも、そのせいで集中力を失い、毎日をフクザツにしてしまっているのです」。

一般的なスマホには、カメラやブラウザ検索、チャットアプリなどなど、あらゆるツールが勢揃い。手元で本当に多くのことが実現できてしまうため、画面を眺めていたらアッという間に日が暮れていたーーなんてことも人によってはザラかもしれません。

バッテリーが長くもち、使い方もカンタン。デジタルデトックスしたい人や、子供が初めて持つモバイルとして、スマートな選択肢たりうるかも。詳細は明かされていませんが、ちょっと気になります。

Licensed material used with permission by ALTER EGO ARCHITECTS
カナダ、トロントのアーティストでのDorotaさんが作った新しい名刺は、なんと全くの白紙。実は光に透かす事で文字が浮かび上がるのだ。仕組みは簡単、文字をく...
「KEEP SMART」は、わずか0.2mmという薄〜いステンレス銅板を使った名刺ケース。ただ曲げた金属板に名刺を挟みこむという、めちゃくちゃ単純な構造で...
東京都あきる野市にスタジオを構えるBird Design Letterpress。市倉郁倫さんと淑子さんご夫婦が立ち上げた活版印刷ブランドです。元々お二人...
蔵前に店舗を構える革小物ブランド〈Alt81〉の名刺入れ。厚みのある革、正面から見た時のフタの部分カーブ、あえて外から見えないところに刻印されたブランドネ...
時として「オー、ジャパニーズ・スタイル!」とも揶揄されがちな、名刺交換。外国人から見ると一風変わったこの儀式も、日本のビジネスシーンにおいてはとっても大切...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
「スマホの充電ケーブル」ってゴチャゴチャしがち。でも、これからは財布や定期入れに収納しちゃいましょう。どうやるかって?これを使うんです。携帯性をとことん追...
九十九里の上質な落花生と甜菜糖と塩、本当にそれだけの材料で作ったピーナッツバター、「HAPPY NUTS DAY」。このサイズなら持ち歩けます。
ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
Ritzo ten Cateさんはみんなが気にしていない、スマホを触っている時の無防備な顔をパシャりと撮ってシリーズ化しています。被写体は普通に道を歩いて...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
アウトドアで過ごす機会が増えるこの季節、頭を悩ましがちなのが、スマホの充電問題。「何で買わないの?」とよく尋ねられるけど、ぶっちゃけどれもこれもイマイチ。...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
はじめに伝えておくと、これから紹介する製品は、現時点で日本での発売予定はなし。ただし、将来的な上陸が期待される要チェックアイテムなのです。特に頻繁にスマホ...