NY「コロナ収束」を祝う大規模コンサートが開催!?

6月中旬時点で、18歳以上の70%が、ワクチンを少なくとも1回接種したと発表した米国ニューヨーク州。

現在、ほぼすべての制限が解除されており、「エンパイア・ステート・ビル」を初めとした観光地が金と青色にライトアップされるなど、街中が復活ムードになってきているらしい。

そんな状況のニューヨークにて、「ニューヨーク・タイムズ紙」が、“パンデミック終焉”を記念した超大規模なコンサートが開催される可能性を報道している。

米音楽界の重鎮クライヴ・デイヴィスをプロデューサーに迎えた音楽祭『The Official NYC Homecoming Concert in Central Park』が、セントラル・パークにて6万人規模で開催される計画だという。

ラインナップについてはまだ明かされていないが、「8人の象徴的なスター達が、6万人の観客と世界中のテレビ視聴者のために3時間のショーを行うことを目指している」とデイヴィス。

チケットはほとんどが無料になる予定で、約7割はワクチン摂取済みの人に当てられるようだ。

また会場内では、ワクチン摂取済みの人と未摂取の人々は別々のセクションが用意され、交わることの無いように感染症対策が行われる。コンサートは、8月21日に開催される予定だ。

盛り上がること間違いなしのニューヨーク市の復活祭。これは後世に語り継がれる伝説のライブになるかもしれない……。

Top image: © Goran Djukanovic/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事