暗がりでも探しものが見つかるバッグ

スタイルではなく、機能に特長があるバッグです。

これはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると、自動的に中が明るくなる仕組みになっています。

バッグの中の小物を探すために開発された小型ライトは、すでに多くあります。ですが、「Vela」というバッグがそれらと一線を画すのは、生地の一部としてLEDファイバーが使われているところ。おかげで、内側全体を照らしてくれるようになっています。

クラブやバーなど、少し暗い場所では活躍してくれそうです。

Top image: © 2019 FABRIKK LLP
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
「fridge」のマルシェバッグは計6色。色選びが楽しい!
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
「raregem(レアジェム)」のバッグの中でも特に人気を博しているグローサリーバッグ「イェッシリー」。
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
4月23日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっていて、世界各国に5月から順次発送予定のアイテム「Hygiene...
リモートワーカーの増加によるの緊急の需要に応えるため、デンマークの家具スタートアップ「Stykka」が、ダンボールで作ったワークデスクを格安で発売中。使用...
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏による「フィッシングバッグ」と「ハンティングバッグ」の正しい選び方&使い方とは?
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payme...
「CHROME」が、あらためて都市型バッグのあり方を追求し、新作コレクションとして「MAZER COLLECTION」を発表。9月6日より「CHROME ...
ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、トム・サックスとスポーツブランドのナイキがコラボしたレインポンチョ。ウエストバッグに収納されたポンチョは、コ...